目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

HOME » 目の下のたるみ治療のために知っておきたいこと » たるみ・くまのタイプと原因

たるみ・くまのタイプと原因

目の周りのたるみ・くまの種類と原因、治療について詳しく解説しています。

目のたるみ・くまの原因と治療について

目の下のたるみ・くまの原因には、さまざまな原因が考えられます。
各症状によって治療方法が違ってきますので、まずは自分のタイプを知ることが大切。
ここでは症状の判別方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

黒くま・影くま

目の下の脂肪の膨らみにより、たるみの下側が影になっている状態。
涙袋よりも下方に出るため、頬が下がって見える原因となります。

【原因】
眼窩脂肪(目の下の脂肪)の突出が原因。
老化によって眼球を支えているロックウッド靭帯が緩み、目の周りにある眼窩脂肪が押し出されることで引き起こされる症状。
もともと眼窩脂肪が多い人も、黒くまになりやすいです。
また、脂肪だけでなく、乾燥などによる細かいシワが目元に影を作り、くまのように見えることもあります。
たるみの原因となる脂肪の除去(脱脂法)や、脂肪・ヒアルロン酸注入などで改善されます。

【判別方法】
目の下の膨らみを、指やペンなどで上方に押し上げてみます。
押すことで目の下の影が消える場合は、黒くまである可能性が高め。
くまが消えない場合は、違う原因が考えられます。
また、鏡を持って真上を向いたとき、くまの色が薄くなるのも黒くまの特徴です。

赤くま・紫ぐま

圧迫された眼輪筋(目の周囲の筋肉)が透けて見え、目の下が赤く見えるタイプ。
皮膚の色によって見える色が変わるため、人によっては紫っぽく見えることもあるようです。

【原因】
筋肉の血流が悪かったり、目の下の脂肪により眼輪筋が押し出されると、透けて見えて赤いくまとなります。
ほとんどの原因が血行不良であり、他のくまと比べると比較的症状は軽度。
血行不良の他に、加齢による皮膚の厚さの減少や、頬の上にある脂肪(メーラーファット)が下垂することも原因となります。
赤くま・紫ぐまには、脱脂法やレーザー治療、脂肪注入などの治療法があります。

【判別方法】
頬の上の部分に指を当て、目の下の皮膚を下方に引っ張ったとき、赤みが増して見える場合は赤くまである可能性大です。

茶ぐま

茶ぐまとは、目の下の皮膚にメラニン色素が沈着し、茶色くくすんで見える状態です。
多くの場合は、下だけでなく上まぶたも同様に色素沈着しており、目の周りが広く黒ずんでいるのが特徴です。

【原因】
茶ぐまは、皮膚への刺激が原因です。
目をこする、洗顔時に強く顔をこする、メイクの刺激、化粧品や紫外線のダメージなど、日常のさまざまな刺激がメラニン色素を増殖させ、茶ぐまを作り出します。
目の周りの皮膚は薄くてデリケート、ちょっとした摩擦や刺激でも色素沈着になってしまうため、注意が必要です。
常に肌荒れをしている人や、アトピー性皮膚炎の人も茶ぐまになりやすいようです。
脱脂法やレーザ治療などが適用されます。

【判別方法】
目の下を指で下方へ引っ張り、色が薄くならない場合は茶ぐまである可能性大。
また、鏡を見ながら上方を向いたとき、正面を向いているときと色が変化しない場合も、茶ぐまが疑われます。

 
目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版