目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

たるみ・くまのタイプと原因

あなたの目の下にある影はたるみ?くま?このページでは、目の下のたるみとくまの違いや判別方法について解説しています。また、くまのタイプに合わせて、相性の良い治療方法もご紹介!原因によって適切な治療方法は変わってきますので、目の下の影にお悩みの方は参考にしてみてください。

目の下のたるみについて

目の下のたるみの原因

昔は引き締まっていたのに、「年齢とともに目元がたるんできた…。」その、目元のたるみには原因がいくつかあります。

原因1

目元にある筋肉が衰え、目元にある脂肪(眼窩脂肪)を支えられなくなり、脂肪が飛び出したような状態になり、垂れ下がってしまう。

原因2

加齢とともに目の周りの筋肉が衰え、脂肪が溜まって垂れ下がってしまったり、皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸などが減少し、ハリが失われてしまうことが原因であることも。

原因3

スマホやパソコンを見ることでまばたきの数が減少し、目の筋肉が衰えるということもあります。

原因4

若い時にはチャームポイントである涙袋も筋肉でできていますので、涙袋が大きい方は加齢とともに垂れ下がってしまいます。

目の下のたるみケア

ケアその1…目のツボ押し

目頭を親指の腹を下から上に指を入れるようにして、ゆっくりと押す。そのまま眉毛に沿って少しづつ指をずらしながら目尻まで押していく。また目頭に戻り、今度は目の下にある骨に沿って、両人差し指か中指の腹を使って少しづつ指の位置をずらしながら目尻まで押していく。お風呂に入って温まっている時などに、オイルなどを付けて丁寧にマッサージするのがオススメです。眼精疲労の解消にもなって一石二鳥ですよ!

ケアその2…スキンケア

目の周りの皮膚は薄くてデリケートです。そのため、他の部分よりも乾燥や紫外線などの影響を受けやすいため、たるみ以外にもクマやシワなどに悩んでいる方も多いと思います。

化粧水は特に乾燥しやすい目の周りを中心に、何度か重ね付けをするのがおすすめです。1度しっかりと化粧水を浸透させてから、2度目も顔全体に付けて浸透させます。そしてさらに3度目には目の周りにだけしっかりと化粧水を付けるようにします。化粧水の最後に、コットンに化粧水をたっぷりと含ませて、目の上に5分ほど置いておくのも効果的。

そして忙しいとつい、化粧水が乾かないうちに美容液や乳液を付けてしまいがちですが、化粧水をしっかり肌に浸透させてから次のステップに移行しましょう。季節や肌の状態に合わせて化粧品を見直すことも必要です。通販でも店舗でも、一度アドバイスやおすすめ商品などをチェックしてみてください。化粧水と乳液しか使用しなかったという人が、目のたるみやシワに効果があるというエイジング美容液を化粧水と乳液の間にもうワンステップ加えたところ、とても効果があったという話はよく聞きます。年齢化粧品は高価なものが多いですから、少量入っているお試しセットなどで慎重に選びましょう。

ケアその3…生活習慣を見直す

疲れや睡眠不足、栄養バランスの偏り、喫煙、運動不足、ストレスなどの生活習慣の乱れによって血行や代謝が悪くなり、肌の老化を促進してしまっていることもあります。

ケアその4…クリニックでのケア

美容皮膚科や美容整形外科のクリニックでもケアすることができます。たるみを切る方法と切らない方法に大きく分けられます。しかし切開法ではダウンタイムや手術跡などが生じますので多くの場合、切らない方法を選ぶという人が多いようです。クリニックによってさまざまな施術があり、料金にも幅があります。たるみの程度によって、効果的に解消する方法のひとつとして、クリニックを利用することもおすすめします。症例数が豊富であり、いくつもの選択肢がある施術の中で、メリットとデメリットを説明して、自分に合った施術を提案してくれる医師がいる。そんなクリニックを選んでください。

目元のたるみによって影ができるので、目元が暗くなり、くまができたように見えることもあります。見た目年齢にも大きな差を生む目元のたるみ。「今はまだ気にならない。」という人でも始めて欲しい習慣です。

目の下のたるみとくまの違いは?

目の下のたるみとくまの違いについて分かりやすく解説すると、くまは目の下に見られる影のこと。目の下のたるみはくまの原因の1つです。美容外科やクリニックの治療でよく「くま・たるみ治療」とまとめられているのは、たるみを解消することでくまも一緒に解消できるケースが多いから。

ただし、くまの種類によっては目の下のたるみ以外が原因の場合もあるため、一概に「くまとたるみは同時に治せる」というわけではありません。

眼球の周りには毛細血管が沢山通っており、栄養や酸素を目に送りこんでいます。

そしてまぶたの皮膚はとても薄くて皮脂腺も少ないので、乾燥しやすくてデリケート。それなのにスマホやパソコン、テレビなどを見ることで、毎日酷使している目は疲れやすく、こすったり触ってしまいがちに。そういった摩擦による刺激で色素沈着を起こしやすく、くまの原因にもなってしまいます。ですから目の周りのマッサージやツボ押しなども摩擦によって刺激しないようクリームやオイルなどを使用し、優しく行うようにしましょう。

くまが印象を変える!

くまがあるとどのような印象になるでしょうか。やはり目は第一印象を決める重要な顔のパーツですから、目の下にくすみや影があると、全体的に暗く、老けた印象になってしまいます。

くまにはいくつか種類があり、それぞれ原因が異なりますが、くまのイメージは、やはり寝不足や疲労が原因であると思われがち。そのためくまがあると疲れているような印象を与えてしまいます。

また、目つきが鋭く、険しく見えることもあります。機嫌が悪いのか、怒っているのかと思われてしまうということにもなりかねません。

やはり目元の印象は大切ですね。くまがあるだけで、こんなにも与える印象に影響が出てしまうのかと思うと、放っておくわけにはいきません。

黒くま・影くま 場所:目の下 原因:皮膚のたるみや眼窩脂肪の突出
茶ぐま 場所:目全体 原因:色素沈着とターンオーバー不良
赤くま 場所:目の下 原因:血行不良による眼輪筋の圧迫
青くま 場所:目の下 原因:老化・ストレス・代謝の悪さによる血行不良
紫くま 場所:目の下 原因:赤くまと青くまの併発

表にまとめてみると、くまには目の下のたるみ以外にも複数の原因があることが分かりました。しかし、どのくまの原因にも潜んでいる共通点が1つだけあります。それは「老化」です。年を重ねて代謝が落ちて血行不良やターンオーバー不良などが続くと、いずれ皮膚はたるみます。たるみが原因ではない種類のくまでも、たるみ対策は必要なのです。

くまの原因、種類の判別方法、相性の良い治療法など、詳しい情報をご紹介していきます。

黒くま・影くま

目の下の皮膚の凹凸の下側が影になっているのが特徴。涙袋よりも下方に見られるため、頬が下がって見えます。

主な原因

眼球を支えているロックウッド靭帯が老化によって緩み、目の下にある眼窩脂肪が押し出されて黒くまになるケースがとくに多いようです。

判別方法

目の下の影が消えたり、薄く見えたりする場合は、黒くまの可能性大。

変化がない場合は、別の種類のくまだと考えられます。

相性の良い治療

脱脂術、ヒアルロン酸注入、ハムラ法、アイリフト、ボトックス、金の糸、下眼瞼形成術、切開法、クリニックのオリジナル治療法など

自宅では、「目の下のたるみについて」の中でご紹介したたるみケアをおすすめします。クリニックでの施術の他、毎日自分でできることを無理なく続けていきましょう。

茶ぐま

目の周囲にメラニン色素が沈着し、肌が黒ずんで見えるくまです。

原因

紫外線のダメージはもちろん、目をこする、洗顔時に強く顔をこするなどの日常的な刺激もメラニン色素を増殖させる原因です。

代謝が悪い方は、沈着した色素がそのままになるため、濃い茶ぐまが見られます。アトピー性皮膚炎、乾燥性のかゆみ、化粧品かぶれ、落としきれていないアイメイクなどが原因になることもあります。

判別方法

これらの方法を試してとくに変化が見られない場合は茶ぐまの可能性が高いです。

相性の良い治療法

レーザー治療、ドクターズコスメ、下眼瞼形成術、クリニックのオリジナル治療法など

自宅でのケアは、美白効果のある化粧品をたっぷりと付けましょう。コットンや手などで擦らないように、目の周りは化粧品をのせる感じでゆっくりと優しく押すようにして丁寧に付けていきましょう。コットンに美白効果のある化粧水を含ませて、まぶたと目の下を覆うようにパックするのもおすすめです。

赤くま・青くま・紫くま

圧迫された眼輪筋(目の周囲の筋肉)や血管が透けて見えるくまです。皮膚の色によって赤、青黒、青紫と見える色が変わります。

原因

ほとんどの原因が血行不良です。他のくまと比べて比較的症状は軽いと言われています。

冷え、睡眠不足、疲労、眼精疲労、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣などが原因になっていることが多く、一般的に「くまができた!」という時の原因として想像されるものではないでしょうか。

判別方法

赤みが増して見える場合は、赤くまの可能性が高いです。

相性の良い治療法

脱脂術、レーザー治療、切開術、高周波治療、ヒアルロン酸注入、下眼瞼形成術、クリニックのオリジナル治療法など

目の周りのツボ押し、マッサージは目の周りのケアに対応する小さなサイズの美容器具(ローラーなど)を優しく使用するのも良いでしょう。マッサージをする場合には薬指を使ってオイルや美容液、乳液などを使ってそっと触れるようにしてください。摩擦による刺激を与えてしまうと、茶ぐまの原因になってしまいます。寝る前のケアとして、気軽に使用できるホットアイマスクや電子レンジで温めて使用するアイマスクで温めながらベッドで横になるのもおすすめです。血行がよくなり、眼精疲労の改善にも効果がありますが、目の周りが温まると、とても気持ちよくリラックスできます。眠くなってきますので、睡眠不足の解消や質の良い睡眠を促すことにもつながります。

目の下の影(たるみ・くま)と
サヨナラするには?

くまの種類と原因をご紹介しましたが、細かな症状によって適切な治療方法は変化します。また、治療方法によって痛みやダウンタイム、効果の持続期間もさまざまです。目の下の影とサヨナラするには、どんな治療があるのか詳しく知る必要があります

「どの治療を選べば良いのか分からない…」という方は、たるみ・くまに効果的な治療の詳細を解説している次のページを参考にしてみてください。

まずは自分の目元の状態をチェックしてみてください。たるみやくまなどが気になるようなら、何が原因になっているのかを大体把握しておくということが大切です。そのうえでどのような施術があるのかを見て、価格や内容などが自分に合っているかを見ておきましょう。何も知らないという状態でクリニックに行っても、判断することは難しいものです。また、事前にある程度調べておくことで、不安なことや分からないことなどを的確に質問することができますから、カウンセリングがより有意義なものになると思います。

たるみもくまもない、明るくなめらかな肌を目指しましょう!