目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

HOME » 目の下のたるみ治療のために知っておきたいこと » 治療法の種類

治療法の種類

目のくま・たるみ治療の種類について解説したページです・

脱脂術・ヒアルロン酸など目の下のくま・たるみ治療の種類

目の下のたるみ・くまの治療法には、プチ整形的なものから半永久的な効果を持つものまで多種多様。
ここでは、現在行われている目の下のたるみ・くまの治療法をご紹介します。

原因や症状に合わせて、適切な方法を選ぶことが大切です。

脱脂術

たるみ・くまの原因となっている目の下の脂肪(眼窩脂肪)を除去する治療法。
下まつ毛の生え際を小さく切開して眼窩脂肪を取り除き、縫合。
スッキリした目元を手に入れることができ、効果を早く実感できる方法です。
また、皮膚表面に傷跡を残さない「下眼瞼脱脂術」「経結膜脱脂術」もあり。
これらは切らない脱脂術と呼ばれており、下まぶたの裏側から眼窩脂肪を除去します。
皮膚表面に傷がつかないため、翌日あたりからアイメイクや洗顔も可能。
腫れも少なく、周囲にバレることなく施術を受けることができます。

ヒアルロン酸注入

目の下のたるみのラインに沿ってヒアルロン酸を少量ずつ注入し、たるみやくまの原因となる段差をカバーする方法です。
切開や縫合の必要がないため腫れも少なく、施術を受けたその日からメイクなども可能となっています。
ヒアルロン酸は、1グラムで6リットルの水分を保持できる潤い成分。
半年から1年ほどで体内に吸収されるため、定期的に施術を受けるのが理想的です。

ハムラ法

脂肪を取り除くのではなく、目の下のくぼんでいる部分に移動させ、美しく形成する治療法です。
開発者の名にちなみ、ハムラ法と名付けられました。
下まつげの生え際を切開し、たるみの原因となっている脂肪をくぼみに移動、骨膜に固定。たるみの原因となっている余分な皮膚も切除できるため、目元がスッキリします。
一度施術を受ければ、その効果は半永久的に持続します。
皮膚表面を切開するため傷跡が残ってしまいますが、下まぶたの内側から施術を行う「裏ハムラ法」もあり。こちらは傷跡が表に残りません。

レーザー治療

医療用のレーザーを用いてコラーゲンを生成する繊維芽細胞を刺激、皮膚のコラーゲン量の増加を促す方法。症状に合わせて、目元専用のサーマクールやヤグレーザーなどを使用します。
レーザー治療はたるみだけでなく、美肌や引き締め効果も同時に期待できるのが特徴。
定期的に通う必要があります。

アイリフト

たるみの原因となる皮膚を伸ばし、余分な脂肪を取り除く治療法。
脱脂術と基本的には同じですが、各クリニックではより効果を高めるための施術をプラスしています。
たとえば、サーマルアイリフトは脱脂術とサーマクールを合わせた治療法。
脂肪によるたるみを取った後、サーマクールによって皮膚の引き締めを行います。
これにより、再発のない目の下のたるみ治療が可能となっています。

 
目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版