変わるなら今!目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

変わるなら今!目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

【東大前】日本医科大学付属病院

  

日本医科大学の附属施設であり、国内でも早期の段階から美容外科を標榜してきた日本医科大学付属病院 形成外科・再建外科・美容外科について、特徴や代表的な目の下のたるみ治療、口コミ・評判、カウンセリング内容などをまとめて紹介しています。

日本医科大学付属病院公式HP
画像引用元:日本医科大学付属病院公式HP
https://www.nms.ac.jp/hosp/

日本医科大学付属病院 形成外科・再建外科・美容外科の特徴

大学病院の中に設けられた美容外科部門

日本国内にある大学病院の中でも、特に日本医科大学附属病院は早期から美容外科を標榜してきた病院です。当初は、乳房異物の後遺症治療としての再建美容外科治療がメインとなっていましたが、現在は様々な治療をカバーしており、一般的な美容外科医療はもちろん、民間クリニックでの施術失敗の修正や、合併症の治療などでも多くの患者が訪れています。

他科との連携と技術力が支える幅広い選択肢

そもそも大学病院であるという性質上、複数科が連携して1人の患者の治療に取り組むことができます。例えば麻酔が必要な場合は専門の麻酔科医が担当し、万が一にもアレルギー症状が出た場合は即座に専門医が治療するなど、大学病院ならではの安心感は大きな魅力でしょう。また、保険診療と自由診療のどちらが適しているのか、専門医に判断してもらえる点も重要です。

目の下のたるみ治療・手術の種類と金額

目の周りの手術:要問合せ

患者の症状と希望に合わせて、ヒアルロン酸注射から、余分な皮膚や筋肉を切除する筋皮弁法、眼窩脂肪も同時に処置するハムラ法、顔の表側に傷跡を残さない経結膜脱脂術など、複数の治療法が実施されています。

東京の名医が集結!目の下のたるみ治療クリニックBEST5

日本医科大学付属病院 形成外科・再建外科・美容外科のカウンセリング内容は?

大学病院という性質上、どうしてもカウンセリングも外来診療の扱いとなります。そのため、受診歴のない人はまず「木曜日の午前中」に病院を訪れて新患受付を済まし、その後に初診を受けなければなりません。ただし、他院からの紹介状がある場合のみ、初診から電話予約が可能です。

とはいえ、診察では経験豊富な医師に担当してもらえる上、他科の医師に相談することもできます。

日本医科大学付属病院 形成外科・再建外科・美容外科の口コミ

クリニック情報

Twitter