目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

大塚美容形成外科 大塚本院

大塚美容形成外科 大塚本院
画像引用元:大塚美容形成外科 大塚本院公式HP
https://www.otsuka-biyo.co.jp/

大塚美容形成外科は全国に6院(大塚本院・札幌・大宮・横浜・金沢・京都)構えていますが、その中でも大塚本院は正規の入院設備などがあり、麻酔科専門医が常駐するなど術後のケアにも安心できるクリニックです。

「最小の手術で最大の効果」という基本理念のもとに患者さん一人ひとりの理想の美しさを叶える医療を心がけています。

大塚美容形成外科 大塚本院の特徴

医師による無料カウンセリング

大塚美容形成外科大塚本院では、患者さんが望まれていることをしっかりと理解し、心身の悩みや負担を少しでも軽減できるような施術を提案するために、医師による無料カウンセリングを行っています。

カウンセリングの予約や問い合わせはオンラインで24時間、フリーダイヤルで(平日9〜20時・土曜9〜19時・日曜・祝日9〜17時)受け付けています。

目の下のたるみ治療の種類と金額

目元は皮膚が薄く、まばたきなどで動きも多いため顔の中でも年齢が出やすいパーツです。下まぶたの皮膚がたるむとクマがあるように見え、老けた印象になることがあります。大塚美容形成外科大塚本院では3種類の目の下のたるみ治療が可能で、カウンセリングによって患者さんそれぞれのたるみの状態・生活習慣なども踏まえ最善の治療法を提案しています。

下まぶたたるみ取り(切開法):210,000円~

目の下の余分な皮膚を取り除いてたるみを解消する方法で、筋肉や皮膚のたるみが原因の患者さん向けです。

施術所要時間は1時間ほどで、下まつ毛の生え際を切開します。術後は腫れ防止のため、2日間テープで圧迫しますが、入院は不要です。抜糸は1週間後で傷跡は目立ちません。

料金は片目で21万円、両目30万円(税抜)です。

下まぶたたるみ取り(脱脂法):100,000円~

加齢による目の下のたるみの原因である余分な脂肪を取り除くことでたるみを解消する方法です。

施術所要時間は1時間ほどで、下まぶたの裏側(まぶたの裏の赤い部分)を切開して、余分な脂肪を取り除きます。

傷は見えず、抜糸や入院・通院不要なので、仕事なので忙しい人でも施術が受けやすいです。

ダウンタイムは1〜2日で、シャワーとメイクは当日から、入浴は翌日から可能です。コンタクトレンズも3日後からは着用できます。

料金は片目で10万円、両目で20万円(税抜)です。

下まぶたたるみ取り(ハムラー法):252,000円~

下まぶた側のまつげ近くを切開して、くぼんでクマになったところに脂肪を移動させる方法です。目袋とクマを同時に改善し、効果も約10年持続します。

皮膚を切開する場合と、結膜切開する場合があり、若いけどクマが目立つ人は結膜を、下まぶたの小じわも治療したい人は皮膚を切開します。

術前にピンチテストや眼球・眼窩(がんか)の状態を確認する必要があります。

施術所要時間は1時間半〜2時間ほどで、術後に内出血がなければダウンタイムは約2日間(テープで圧迫)です。

完全に腫れが引くのは1〜2週間程度で、抜糸は1週間後(結膜切開は不要)になります。入院は不要で、シャワー・入浴やメイクは翌日から可能です。

料金は皮膚切開の場合、片目で252,000円、両目で360,000円です。

結膜切開の場合は、片目で28万円、両目で40万円(全て税抜)になります。

大塚美容形成外科大塚本院のカウンセリング内容は?

大塚美容形成外科大塚本院では医師による無料カウンセリングが受けられ、予約もオンラインでできるので便利という口コミが多く、評判が高いようです。

目の下のたるみの原因はさまざまですから、患者さん一人ひとりの原因に合わせた手術方法を設定しています。メリットだけではなく、デメリットやリスクもしっかり説明してくれます。

目の下のたるみ治療では、手術後は入院不要なケースがほとんどですが、術後の状態で不安な時、24時間対応のメール相談や緊急連絡先に相談ができるのは安心ですね。

大塚美容形成外科大塚本院の口コミ

クリニック情報

駅近でアクセスがいい場所にあります。建物全体がクリニックなので、わかりやすいです。