目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー
目の下のたるみ治療ランキング » 目の下のたるみセルフケア全ガイド » 【目の下の乾燥はたるみや小じわの原因に!目の下の乾燥対策!】

【目の下の乾燥はたるみや小じわの原因に!目の下の乾燥対策!】

年齢を重ねると段々と肌のうるおいもなくなってきます。特に目の下の乾燥はたるみや小じわの原因にもなりますので、1日でも早く何とかしたいもの。ここでは乾燥の原因や対策などについて解説していきたいと思います。

目の下が乾燥してしまう原因とは?

冬場は誰しも肌が乾燥してしまうものですが、一年中肌が乾燥するのは困りものです。では、目の下が乾燥する原因とは一体何なのでしょうか?

紫外線が原因

紫外線は日焼けやシミになるというのが一般的な考えですが、実は皮膚内部の弾力を損う原因にもなっているのです。弾力のなくなった肌は肌荒れを起こしやすく、水分の保存もしにくくなってしまうのです。

刺激や摩擦が原因

本来、人間の肌というのは非常に弱いものであり、強い刺激を与えると角質層が大きなダメージを受けてバリア機能が失われてしまいます。目の下の皮膚はさらに弱いものですので、刺激や摩擦を与えすぎると確実に乾燥しやすくなってくるのです。
例えば、メイクを落とす際にコットンで激しく摩擦したり、目の痒みで目を擦る、マッサージなどは確実に大きな負担を与えてしまいます。コンタクトレンズの出し入れの際に下まぶたを引っ張ることがあると思いますが、こういった行為もなるべく避けるようにした方がいいかもしれません。

加齢による原因

加齢により、水分を保つために必要不可欠なコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうということがあります。これらが減少してしまうことにより、目の下のたるみや小じわができてしまうということなのです。こればかりは自然現象なので仕方のない部分ではありますが、こういった理由を知っておくだけで何かしらの対処はできるはずです。

目の下の乾燥を防ぐ対策は?

目の下のたるみや小じわになる原因の乾燥。では、この乾燥を防ぐ対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

睡眠をしっかりと取る

本来、人間の身体は睡眠によって様々な部分を回復していきます。
肌も同じで、肌細胞の修復や回復は睡眠時に起こっていますので、しっかり睡眠を取るということは肌の老化や肌荒れから守るということになるのです。
また、睡眠不足が長く続いてしまうとホルモンバランスが崩れ、肌の免疫力や代謝が低下してしまいますので、肌トラブルも起きやすくなってしまうのです。

クレンジング剤はアイメイク用を使う

人間の肌は弱いものですので、メイクで肌トラブルが起きやすくなるというのは必然的なことです。メイクを落とす際、激しく肌を擦ったり、刺激の強いクレンジング剤を使うと確実にダメージを与えてしまいます。
ですので、できるだけクレンジング剤は肌に優しいものを使用するといいでしょう。とはいえ、アイメイクに関しては他の化粧品と違って落ちにくいという特徴があります。そのため、洗い残しでさらに肌に大きなダメージを与える可能性もあるのです。
他のクレンジング剤と目元用のクレンジング剤を使い分けることで、少なからず肌ダメージからは守ることができるでしょう。

保湿ケアを怠らない

洗顔後の肌の保湿ケアだけは最低限行うようにしたいところです。
化粧水や美容液は、細胞間脂質の主成分である「セラミド配合」のものを選ぶようにしましょう。そうすることで高い保湿効果が期待できます。敏感肌の人は専用の保湿美容液を選びましょう。
ただ、肌荒れがすでに進行してしまっている人は美容液を一旦中断し、「ワセリン」を使って肌のバリア機能を回復させることを優先させましょう。