目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー
目の下のたるみ治療ランキング » 目の下のたるみセルフケア全ガイド » 【老けて見える目元の小じわ!その原因と改善方法!】

【老けて見える目元の小じわ!その原因と改善方法!】

目元の小じわのせいで何歳も老けて見られる女性も決して少なくはないでしょう。小じわになる原因を知ることで何かしらの改善方法は見つかるはず。ここでは、小じわになる直接の原因と改善方法について解説しています。

小じわができる原因

小じわができる直接の原因をいくつかご紹介します。

まぶたの皮膚の構造が原因

顔の表皮の厚さは0.1mm~0.3mm。しかし、目の周りの皮膚は0.02mmと非常に薄いのです。そのため、肌の乾燥も引き起こしやすく、肌のうるおいもなくなって角質が厚くなってしまいます。その結果、皮膚の動きに沿って小じわができやすくなってしまうのです。

加齢による原因

加齢による小じわはどうしても避けることのできない部分でもあります。真皮層にはコラーゲンやヒアルロン酸が含まれており、これらが皮膚の弾力に大きな影響を与えています。
このコラーゲンやヒアルロン酸というのは歳を重ねるごとに減少していくため、皮膚の弾力が失われて小じわが発生してくるのです。

血行不良が原因

寝不足や生活習慣の乱れによって血行不良を起こしてしまうのですが、これが目の疲れを溜める主な原因となっています。
血液の流れが悪くなると、本来必要な栄養も目の周りには送られなくなってしまいます。すると弾力やハリが損なわれ、小じわができやすくなってしまうのです。

紫外線が原因

目の周りの皮膚は、他の場所と比べると皮膚の厚さは非常に薄いと先述しました。
それだけでなく、皮脂の分泌も非常に少ないため、紫外線などの刺激なども非常に受けやすくなっているのです。この紫外線を多く浴びてしまうと、肌に大きなダメージを与えてしまう「活性酸素」が出てしまいます。
この活性酸素は、コラーゲン線維やエラスチン線維を分解する酵素の産生を活発にし、たるみや小じわを引き起こしやすくしているのです。

小じわの改善方法

小じわができてしまった場合の改善方法にはどのようなことがあるのでしょうか?日常生活でも簡単にできる改善方法をいくつかご紹介していきます。

化粧水などを使って保湿ケアをする

小じわの主な原因となる乾燥は、保湿成分が含まれている化粧水などを使って保湿ケアをしましょう。最近では目元専用のアイクリームなども販売していますので、そちらも併せて使うのも良いでしょう。

目を温めて血行を良くする

目の周りの血行を良くすることも小じわの改善方法にはいいでしょう。
例えば、お湯や電子レンジで温めたタオルを目に当てておくというのも効果的です。この際、火傷には気を付けなければなりませんので、温度で言えば人肌ぐらいで問題ないかと思われます。
それと、フェイスオイルを使って優しく目の周りをマッサージしてあげるのも効果的だと言えます。強い刺激を与えすぎると逆にたるみや小じわの原因となりますので、指1本でできるだけ優しくマッサージすることを心掛けてください。

紫外線対策をする

紫外線は肌に大きなダメージを与えるため、外出する際は確実に紫外線対策をしなければなりません。
日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなどを使用してください。特に夏場は紫外線がかなり強いため、昼間の外出もできるだけ控えるのが良いでしょう。