目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

マッサージ

目の下のたるみを自分でケアしたい方向けに、さまざまなマッサージの仕方を紹介しています。

目の下のたるみに効くマッサージ

リンパマッサージ

目の下のたるみを改善するには、顔周りや肩、後頭部へのリンパマッサージで緊張した筋肉をほぐすのが良いでしょう。ここでは顔周辺、肩周辺、後頭部の3ヵ所で行うリンパマッサージの方法を説明していきます。

顔周辺

右手で顔の左半分、左手で顔の右半分をマッサージします。まず鎖骨のくぼみに手のひらをくっつけ回転。そのあと首の横側に手を密着させ、リンパ液を下に流すようにまわします。人差し指と中指の間に耳を挟み、耳の前と後ろにあるリンパ節を刺激するように回転。最後に耳から鎖骨のくぼみまでなでるように手をおろします。手をまわすときはゆっくり3回ずつ行いましょう。

肩周辺

右手を左肩へ持っていき、肩に沿って鎖骨のくぼみまでゆっくり動かします。次に左手を右肩へ持っていき、同じようにゆっくり移動。これを3回ずつ行います。

後頭部

両手を肩甲骨の上に持っていき、肩の上を通って鎖骨のくぼみまで動かします。次に両手を後頭部の生え際あたりに移動させ、首の横側を通って鎖骨のくぼみまで移動させましょう。これを3回ずつ行います。

動画で見る目の下のたるみ取り

引用元:YouTube https://www.youtube.com/watch?v=KdNZp6Si1-Q

エステサロンの方が直伝!3分のビフォーアフターがすごいです。

ツボ押しマッサージ

目の下のたるみを取る方法として手軽なものがツボ押しマッサージ。オフィスやリビングなど場所を問わず行える便利な方法です。ここではやり方と注意点について説明しているので、興味がある方はぜひ試してみてください。

ツボ押しマッサージのやり方

目頭に人差し指の腹を当て、目尻の斜め下にある「球後(きゅうご)」というツボを通って目尻へ軽くはじくように押します。これを5回ほど繰り返し行いましょう。

注意点

ツボの位置は人によって異なるため、目安となる箇所を中心に探しましょう。目の周りは皮膚が薄いため、ケガをしないためにも優しくなでるように行ってください。

また、身体の状態によっては刺激が強すぎることも。体調がすぐれない場合や飲酒後、妊娠中は避けたほうがいいでしょう。

動画で見るツボ押しマッサージ

引用元:YouTube https://www.youtube.com/watch?v=7QS3Gl9MA2Q

始める時期によっては効果が薄いため、他の治療も検討するのが◎

目の下のたるみに効くマッサージを紹介しましたが、いかがでしたか?

リンパマッサージやツボ押しマッサージは手軽にできるたるみ改善法ですが、即効性はありません。また、続けないとあっという間にたるみは元に戻ってしまいます。若いころから継続しているのであれば問題ないのですが、40代以降から始めた場合、たるみには少し効果が弱いかもしれません。

もっとたるみを効果的に改善したいのであれば、美容外科での施術など、すぐに効果を確認できる方法を利用するのもひとつの手。切らない施術や注射などで、長年の悩みと簡単に決別できます。