目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー
目の下のたるみ治療ランキング » あなたのたるみ&くまが改善!治療法を徹底深堀

あなたのたるみ&くまが改善!治療法を徹底深堀

目の下に影をつくる「たるみ」のせいで、老けて見られたり、疲れていると勘違いされたりした経験はありませんか?ここでは目の下のたるみを改善する方法についてご紹介しています。たるみを切る方法と切らずに改善できる方法があるので、それぞれのメリット・デメリットを確認していきましょう。

切らないたるみ治療VS切るたるみ手術

切らない治療と切る手術、あなたの目の下のたるみはどちらで改善するべき?それぞれのメリットとデメリットをまとめているので、どちらの方法で目の下のたるみを改善していきたいか照らし合わせてみてください。

切らないたるみ治療のメリット・デメリット

切るたるみ手術のメリット・デメリット

切らない目の下のたるみ治療

ヒアルロン酸注入

目の下のたるみを切除するのではなくカバーする治療法。たるみの影になっている部分にヒアルロン酸を注入してふっくらさせることで、たるみが目立たなくなります。ダウンタイムや生活への影響はほとんどありません。ただし、注入したヒアルロン酸は半年から1年ほどで体内に完全吸収されるため、効果をキープするには6か月以内に再治療が必要です

レーザー治療

医療用レーザーを照射する目の下のたるみ治療です。レーザーを照射すると肌のコラーゲン量が増え、肌がハリツヤを取り戻します。これにより顔全体がリフトアップし、目の下のたるみも目立たなくなるという仕組みです。たるみ治療と美肌エステ、両方の効果を得られるのが魅力でしょう。ただし、老化でたるんだ目元には効果的ですが、目の下の脂肪が原因のたるみには効果を発揮しません。

ボトックス注入

ボトックス注入は、表情筋をコントロールして目の下のたるみを改善する治療です。一般的な目の下のたるみ治療の場合、たるみが改善されても、たるみのせいでついた「しわ」は残ってしまうケースがほとんど。ボトックス注入の場合は、たるみのせいでついた「しわ」も目立たなくなります。たるみ治療と一緒に表情しわを改善したい人におすすめです。

金の糸

世界三大美女クレオパトラも行っていたという説もあるのが、金の糸治療。注射を使って純金の糸を肌の中に埋め込むことで、血行を促進する治療法です。コラーゲンが大量生成されるので、たるみはもちろん、しみやしわへの効果もあります。たるみが改善されるまでに3~6ヶ月ほどかかりますが、効果は半永久です。

ドクターズコスメ

目の下のたるみを改善するために行うスキンケアですが、肌と合わないものを使っているとたるみを悪化させてしまう可能性があるので要注意。開発に医師が携わっているドクターズコスメ(アイクリームや化粧水など)を利用することで、目の下のたるみにアプローチできます。ドクターズコスメは基本的に美容外科やクリニックで販売されています。

目の下を切るたるみ手術

切開法

切開法はメスを使用して目の下のたるみを切除する手術の総称です。基本的には目の下の余分な皮膚をカットすることで、たるみを改善します。切開法の魅力は半永久の効果が得られるところ。難点はダウンタイムや傷跡、合併症などのリスクが伴うところです。

ハムラ法

ハムラ法は脂肪を取り除く脱脂術と良く似ていますが、手法が異なる手術です。目の下の脂肪(眼窩脂肪)をたるみの下のくぼみに移動することで、たるんでいた目の下の皮膚を形成していきます。切開するのは下まつ毛の生え際かまぶたの裏側。傷跡はさほど目立たず、ダウンタイムは10~30日ほどです。ただし、目元にはたくさんの筋肉組織がひしめき合っているため、眼窩脂肪を移動してたるみを美しく形成するのは現実的に難しいとの声もあります。

たるみに合わせて臨機応変に対応できる施術

下眼瞼形成術:切らないor切る

目の下のたるみと合わせて、まぶたが開きにくくなる「眼瞼下垂」の症状が見られた場合に用いられる施術です。眼瞼下垂の原因が目の下の脂肪(眼窩脂肪)なら脱脂術、眼瞼挙筋が原因なら筋肉を固定する方法など、原因に合わせた処置がとられます。切らない治療で済むケースもまれにありますが、ほとんどの場合は脱脂術が用いられているようです。

脱脂術:切らないor切る

目の下のたるみが眼窩脂肪によるものだった場合に、その脂肪を摘出する手術です。下眼瞼形成術やアイリフトの手法の1つとして用いられています。メスを使用する一般的な脱脂術では、下まつ毛の生え際を小さく切開して眼窩脂肪を除去。切らない治療は「経結膜脱脂術」といって、レーザーを使って下まぶたの裏側に小さな穴を開けます。切る脱脂術は一度で多くの脂肪を取り除ける点、経結膜脱脂術は傷跡が目立たない点が魅力です。

アイリフト:切らないor切る

アイリフトは、切開法や脱脂術などの「切る手術」と、その効果を高めるための「切らない治療」を組み合わせた施術を指します。目の下のたるみの原因が複数重なっていても、たるみを改善できるのがアイリフトの良いところ。施術の組み合わせは、クリニックによって異なります。お肌にハリを与えるサーマクールの光治療や目元をふっくらさせるヒアルロン酸注入を切る手術と組み合わせているクリニックが一般的です。

クリニックのオリジナル治療法:切らないor切る

クリニックによっては、オリジナルの治療法を行っているケースもあります。例を挙げると、肌の再生能力を活かした治療や脱脂術の脱脂量をコントロールした手術など。オリジナル治療法を提供しているクリニックは、目の下のたるみに精通した医師が在籍しているケースが多いようです。切る治療・切らない手術のどちらを受けるべきか迷っている場合には、オリジナル治療法を提供しているクリニックへ相談に行ってみるのもおすすめですよ。

照射(高周波・超音波・赤外線など)による引き締め治療

目の下のたるみに悩まされている女性も多いことでしょう。目の下のたるみがあると老けて見えるので、一日も早く解消したいと思う人が多くいます。最近では、シワやたるみを改善できる治療の一つに「レーザー治療」があり、この治療法を多く用いた美容外科クリニックが増えてきているのです。ここでは、多くの女性が悩まされる目の下のたるみ治療について解説しています。