目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

針治療(美容針)

東洋医学の一つである針治療(美容針)。全身のツボを刺激することによって体の不調や痛みなどを改善に導く治療法ですが、そのなかでも特に美容を目的として行うのが針治療です。針治療はしわやたるみ、ほうれい線など美に関する悩みの根本的な原因に向き合うため、皮膚や筋肉に直接アプローチ。

体の中からきれいになるよう作用するため、健康的な美しさの実現が期待できます。こちらでは、そんな針治療のメカニズムやメリット・デメリットをご紹介。美容皮膚科施術との違いにも触れていきますので、ぜひチェックしてください。

針治療(美容針)のメカニズム

針治療は肌の内側へ直接働きかけることで、しわやむくみ、しみなどを改善に向かわせます。それは人間が本来持つ自然治癒力の働きによるものです。人間の皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3つの層に分かれていて、針治療によって表皮から真皮へ針を入れると細胞に「組織が破壊された」と認識させられます。

そうなると体は破壊された組織を直そうとするため、自然治癒力が働くことに。自然治癒力によって、新陳代謝が活発化し、コラーゲンといった成分の分泌が促されます。肌の細胞への刺激は回数を重ねると、美容に嬉しい成分が分泌されやすくなるのが特徴です。そのため、針治療は施術回数が増えるほど効果の持続が期待できます。

針治療って痛くないの?

針治療を受けるにあたって気になるのは痛みという方も多いのではないでしょうか。針という言葉の印象から痛そうだとイメージを持っている方もいるかもしれませんが、一般的に針治療の施術ではほとんど痛みはありません。施術に使用される針の太さは髪の毛程度のもの。太いものでも直径が0.5mmも満たしません。特に顔といった毛細血管の多い部分には細い針が使用されています。

痛みの感じ方は人それぞれのためはっきりと「痛くない」とは言い切れませんが、少しチクっとするぐらいでそんなに痛みは感じないという声が多いようです。痛みの感受性が強いという場合でない限り、心配する必要はないでしょう。

ただ、体調や体質の関係で痛みが強くなる場合もあります。針治療を受ける前にサロンや鍼灸院などに相談しておくのがおすすめです。

針治療を受けるペースについて

体質や施術を受ける部位の状態には個人差がありますが、改善が見られるまでは週に1回程度の目安で受けるのが理想です。改善してからも月1~2回程度のペースで受け続けると施術の効果の維持につながります。

針治療は体の中に働きかけるものであり、人の体は変化しやすいものなので施術を受けない日が続くと受ける前に近い状態になってしまうケースも。なるべく継続することが必要です。

美容皮膚科施術と針治療の違いについて

ヒアルロン酸やボトックスなど美容注射をはじめとした美容皮膚科の施術と、針治療とではどのような違いがあるのでしょうか?両者の最も大きな違いは、主に外からアプローチするか内からアプローチするかという点です。

針治療は、外側から働きかける美容皮膚科の施術と違い、体の内側から本来の機能を活性化させることで悩みを解消します。気になっているところに直接作用するため、長い目で見ると効果が期待できるのが特徴です。その反面、深いしわなど程度によっては改善が難しい場合もあります。

美容皮膚科の施術は、針治療での改善が難しいケースでも対応できるのが魅力です。シミやしわをほぼ跡形もなく改善できます。ただし、施術をした部分が腫れたり赤くなったりする、シミやしわがなくなっても新しくできることがあるなどのリスクも。針治療も美容皮膚科の施術も少なからずデメリットがあるので、妥協できるポイントを見極めて選択すると良いでしょう。

針治療のメリット・デメリットって何?

針治療のメカニズムや美容皮膚科施術との違いを踏まえて、さらに針治療のメリット・デメリットについて紹介していきます。

針治療のメリット

化粧品やエステでは期待できない効果が得られる

針治療はエステなどではなかなか働きかけられない真皮層にまで作用するのが特徴。真皮層を刺激することによって、体の働きを高め美容に関する悩みに体の内側からアプローチします。それによって化粧品やエステでは得られないような効果が期待できるのです。

肌への刺激が少ない

化粧品やマッサージはある程度、肌表面へ刺激があります。そのため肌が敏感だとなかなか利用しにくいというデメリットが。その一方で、針治療は髪の毛ほどの細さの針を使用して行うので、お肌への刺激が少ないのが特徴。体へ負担がかかりません。

美容と健康の両方にアプローチできる

針治療は体の内側に働きかけるもの。そのため、美容面だけでなく健康面にも良い影響を及ぼすことが期待できます。両者の改善を同時に促せると考えると、針治療はお得なたるみ治療法です。

針治療のデメリット

内出血する可能性がある

針治療はまれに内出血を引き起こすことがあります。針治療に使用する針のような異物が体に入った場合、通常は血管が針をよけますが、血管の弾力性が低くなっていると針をよけきれずに出血してしまうのです。万が一針治療を受けた翌日以降に内出血したら、リンパの流れをうながし自然治癒力を高めるために温めることをおすすめします。