変わるなら今!目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

変わるなら今!目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー
目の下のたるみ治療ランキング » 目の下のたるみ&くま治療で評判のクリニックリスト » 【渋谷】目の下のたるみ治療が受けられるクリニック

【渋谷】目の下のたるみ治療が受けられるクリニック

若者文化の中心地から大人のビジネスエリアへと進化している渋谷区。渋谷駅を中心に恵比寿・表参道・広尾・代官山などにクリニックが点在しており、経結膜的脱脂法・アイリフト・サーマクールアイ・ヒアルロン酸注入といった様々な治療が受けられます。

目の下のたるみ治療を受けられる渋谷のクリニック

プラザ形成外科

院長でもあるクレ カツヒロ・ロバート医師は米国形成外科専門医資格を持つ、日米通算30年以上の診療を行ってきた形成外科・美容外科のスペシャリスト。数多くの美容手術を手がけてきた実績を持ち、仕上がりの完成度はもちろん、丁寧なカウンセリングや安全性を第一に考えた慎重な施術に定評があります。

代表的な治療・手術

下まぶたの脂肪除去

下まぶたを目立たないように切開し、たるみの原因となっている眼窩脂肪を除去する手術です。症状の程度によっては、ごくわずかにメスを入れる「小切開法」でも対応が可能。ダウンタイムは2週間程度。ヒアルロン酸注入とは違い、半永久的な効果を得ることができます。

X CLINIC

⽇⽐⾕線 恵⽐寿駅から徒歩1分とアクセス抜群。美容外科・美容皮膚科領域の診療やプログラム治療などをおこなっています。目の下のたるみやくま治療に特化しており、下まぶたの結膜側からアプローチする「切らない目の下のたるみ取り」などをおこなっています。

代表的な治療・手術

切らない目の下のたるみ取り

切らない目の下のたるみ取りは、くぼみがほとんどない若い人向けの施術。下瞼をめくって、内側を切開、脂肪を除去。眼窩脂肪(がんかしぼう)をすべて除去し、目の下のたるみを改善に導きます。皮膚のたるみやシワが気になる人は、オプションで「余剰皮膚切除」手術も可能。

セレクトクリニック

セレクトクリニックでは、安藤統括院長と上原院長の二人が診療を担当。ともにレーザー治療・注入治療・外科手術を計5万症例経験しているベテランドクターです。目の下のたるみ治療は下まぶたを切開して脂肪を除去する治療と、ヒアルロン酸注入に対応。大幅な割引が受けられるモニター制度の利用も可能です。

代表的な治療・手術

下瞼たるみ取り

目の下のたるんでしまったまぶたの皮膚を部分的に取り除き、引き上げて縫合します。下まつ毛の生え際を切開するため傷跡が目立たず、施術後3~6ヵ月でほとんどわからなくなるというメリットがあります。

あやこいとうクリニック

代官山駅から徒歩1分の好立地にある、病気を未然に防ぐ予防治療を専門的に提供している美容クリニックです。伊藤史子院長は日本レーザー医学会専門医の資格を持っており、ウルトラセルやイントラセル、ヒアルロン酸注入といった複数の切らない目の下のたるみ治療に対応しています。

代表的な治療・手術

ヒアルロン酸注入

たるみやしわに対しては、ヒアルロン酸を注入することで手軽に改善することが可能です。効果は約半年~1年間と一時的ですが、すぐに改善を実感できることが魅力です。同クリニックでは非動物性のヒアルロン酸を使用しています。

アイリス美容外科

アイリス美容外科のモットーは、自分の家族に安心してすすめられる治療を提供すること。そのため、患者さんにとって本当に必要かつ適切な治療だけを提案してくれる他、診断結果によっては他の専門医を紹介することもあるなど、患者さんのことを一番に考えてくれるクリニックです。

代表的な治療・手術

目の下のたるみ取り

下まつげのすぐ下の部分を、まつげラインに沿って切開して、余分な皮膚を切除した上で筋肉と皮膚を引き上げる施術です。また、必要に応じて目の下にある脂肪を除去します。

加藤クリニック麻布

加藤クリニック麻布では、最新で確かな技術、そして充実したアフターケアを提供することで患者さんと信頼関係をつくることにこだわっています。目の下のたるみ治療については、経結膜的脱脂法・筋皮弁法・ハムラ法などに対応し、希望や症状に応じて最適な治療法を提案してくれます。

代表的な治療・手術

経結膜的脱脂法(脂肪移転)

下まぶたの裏側から脂肪を取り、たるみを改善する方法です。皮膚のたるみが小さい場合に行われ、皮膚の切除なしでひどいたるみになることを防ぎます。施術後にクマが目立つ場合は脂肪注入を実施。ただしたるみの状態によっては脂肪の移転や皮膚切除などを行います。

恵比寿ウエストヒルズクリニック

目の下の脱脂、下眼瞼除皺術、ハムラ法など複数の目の下のたるみ治療に対応する恵比寿ウエストヒルズクリニック。日本形成外科学会や日本美容外科学会の認定専門医である西岡院長をはじめ、形成外科・皮膚科・婦人科など多分野の専門医や医学博士が集うスペシャリスト集団です。

代表的な治療・手術

目の下の脱脂

下まぶたを裏から切開し、余分な脂肪を取り除く治療です。皮膚表面の切開を行わないため、一見して傷跡が目立たない点がメリット。ただし、皮膚まで完全にたるんでいる場合は、皮膚切除やハムラ法も併せて検討されます。

共立美容外科

全国に25院を展開する共立美容外科。開院から30年以上という実績とノウハウによって完成度の高い治療を実施してくれます。目の下のたるみ治療については、アイリフトや脂肪除去(経結膜下脱脂)などに対応。脂肪を取り除くことで皮膚のたるみ自体を改善するのが特徴です。

代表的な治療・手術

アイリフト

余分な皮膚や脂肪を取り除いて、たるみをリフトアップします。目のラインに合わせて施術をするので、自然に若々しい目元を作ります。

リッツ美容外科

東京・恵比寿と大阪・梅田に店舗を構えるリッツ美容外科。患者さんへの医療の提供はもちろん、美容医療の研究にも力を入れており、過去には日本美容外科学会総会の新手術手法コンテストで会長賞を獲得した実績があるなど、美容医療におけるリーディングクリニックといえる存在です。

代表的な治療・手術

経結膜ハムラ法

眼窩脂肪を眼頬溝の下に固定することで、脂肪切除せずに目の下をフラットにしてたるみを目立たなくさせる施術です。

渋谷高野美容医院

高級住宅街・松濤にあるプライベートクリニック。高野院長は外科専門医と小児外科専門医を取得しており、繊細な技術に定評があります。目の下のたるみ治療はハムラ法・裏ハムラ法・切らない目の下のたるみ取り・脂肪注入法・ヒアルロン酸注射など、様々な治療法から選ぶことができます。

代表的な治療・手術

裏ハムラ法

皮膚表面に傷跡を残さず、下まぶたの内側の結膜を切開して、目の下の膨らんでいる脂肪をその下にある凹んでいる部分(クマが出るところ)に移動させる方法です。

傷跡を残したくない、クマも目立ってきている方におすすめの方法です。

マグノリア皮膚科クリニック

渋谷宮益坂にある完全予約制の美容クリニックです。目の下のたるみ治療は、成長因子PRPやヒアルロン酸注射といった注入治療の他、「マドンナリフト」というレーザーを照射しコラーゲン増加を促す治療法などを提供。患者さんが持つ魅力や美しさを最大限引き出す治療にこだわっています。

代表的な治療・手術

ヒアルロン酸注射

即効性と自然な仕上がりが特徴の治療法です。たるんでいる場所に注射してたるみを改善。6~12ヶ月ペースで継続して治療を続けることで高い効果が期待できます。

シロノクリニック

25万件以上の症例実績をもつレーザー治療の専門クリニック。目の下のたるみ治療においてもサーマクールアイやヤグレーザーピーリングといったレーザー治療がメインとなっており、その他にも下眼瞼脱脂術・ヒアルロン酸注入・メソセラピーなどにも対応。肌を傷つけることなくたるみを改善してくれます。

代表的な治療・手術

サーマクールアイ

RF波を使ったサーマクール治療(高周波治療)を行います。RF波の熱エネルギーは皮膚深部から皮下組織、脂肪層にまで熱刺激を与え、コラーゲン組織が産生されます。その結果、皮膚が強力に引き締まりたるみを改善させる効果が期待できます。皮膚を切らないため、痛みはほとんどありません。

ベル美容外科クリニック

クリニック名にもなっているフランス語の「ベル(信頼・信用の総称)」の通り、患者さんとの信頼関係を何よりも重視しており、カウンセリングは完全予約制によって十分な時間を設けている他、日本形成外科学会認定専門医による最適かつ安心・安全な治療の提供に努めています。

代表的な治療・手術

下眼瞼脱脂(ハムラ法)

目の下にある脂肪を、肌が凹んでいる部分へ移動させ、顔の凹凸を解消する手術です。また、皮膚のたるみが進行している人では、余った皮膚を切除して縫合し、肌のハリを回復させます。

南平台緒方クリニック

南平台緒方クリニックの緒方院長は、1997年に日本で初めてレーザーを使った下まぶたの脱脂術を報告した医学博士とされています。患者さんの体質や状態に合わせた複合治療を推奨するなど、目の下のたるみ治療に関する独自技術をもつ、まさに日本有数の専門医の1人です。

代表的な治療・手術

経結膜脱脂(レーザー)

緒方寿夫院長が国内で初めて報告した、レーザーを用いて眼窩脂肪を除去し、目の下のたるみを改善する施術です。皮膚切開や余った皮膚の切除を行わないため、回復までの期間が短いことも特徴です。

青山研美会クリニック

青山研美会クリニックは幅広い美容メニューに対応し、なかでも目の下のたるみ治療をはじめとするアンチエイジング治療を最も得意としています。痛みに敏感な患者さんにはメスを使わない治療を提案するなど、カウンセリングや施術はもちろん、術後ケアへの配慮も徹底しています。

代表的な治療・手術

目の下のタルミ取り(外科手術)

メスで切開して目の下のたるみを改善。目尻が下へ向かわないようシワを伸ばすなどの工夫を交えた矯正を行ったうえで縫合します。クマのある患者さんには漢方薬やサプリメント、美白剤やスキンケアなども併用し、自己血小板注入療法にも対応可能です。

セラクリニック

セラクリニックに在籍している4名の医師は、全員がアンチエイジング治療の専門化です。目の下のたるみ治療については、ヒアルロン酸注入の他、吸引と高周波の照射を行なう切らない治療法「アルマ」に対応し、さらにサーマクールを併用するといった治療が受けられます。

代表的な治療・手術

ヒアルロン酸注入

目の下のたるんだ皮膚のくぼみにヒアルロン酸を注入し、フラットな仕上がりにします。段差をなくすことで若々しい目元を作り上げることが可能。効果は半年程度で、たるみがひどい場合は高周波治療やフラクショナルレーザー治療をお勧めしています。

渋谷の森クリニック

注入系たるみ治療とアートメイクを得意としている渋谷の森クリニック。目の下のたるみ治療は、結膜法脱脂と皮膚切除に対応しています。なお、毎月第1・第2・第4月曜のみ、しわ・たるみ治療の世界的な第一人者とされる韓国のビョン・ヒョンソブ医師の診療を受けることも可能です。

代表的な治療・手術

皮膚切除

下まぶたのまつ毛のラインに沿ってメスを入れ、目の下のたるみの原因となっている眼窩脂肪を除去したり、または窪んでいる部分に移動させます。のち、余分な皮膚をカットして縫合します。

宮益坂クリニック

宮益坂クリニックの青井院長は、日本美容外科学会の専門医資格だけではなく「評議員」という肩書も持つ、美容外科業界の大御所といえる存在です。そんな青井院長は「カウンセリングも執刀医が行うべき」という信念をもっており、最良の施術を提供するために責任をもって対応してくれます。

代表的な治療・手術

経結膜下眼瞼脱脂術

下まぶたの結膜側(裏側)を露出させ、小さく切開したうえで、目の下のたるみの原因である眼窩脂肪を除去する手術。まぶたの裏側を切開するため、術後に傷跡が見えることはありません。

真崎医院

日本美容外科学会の元会長であり、共立美容外科の創業者の一人でもある真崎医師が院長を務める真崎医院。目の周りの治療において多くの実績があり、目の下のたるみ治療も得意としています。提供している治療法には、下眼瞼経結膜脂肪除去やヒアルロン酸注入などがあります。

代表的な治療・手術

下眼瞼経結膜脂肪除去

下まぶたを裏返して切開し、目の下にたまった脂肪を直接取り除く治療法。たるみとクマの両方を同時に解消させられる施術です。まぶたの裏を切開するので、術後に傷口が見えることはありません。

メディアージュクリニック青山院

加齢を否定するのではなく、それを受け入れたうえで若々しくいることを目指しているメディアージュクリニック青山院。目の下のたるみ治療ではヒアルロン酸注入やスキンタイトⅡというレーザー治療など、切開などの手術は行わず照射や注射を中心とした治療を提供しています。

代表的な治療・手術

ヒアルロン酸注入

たるみが気になる部分に直接ヒアルロン酸を注入し、肌の内側からふっくらさせる方法です。メディアージュクリニック青山院では米アラガン社製のジュビダームビスタも扱っており、厚生労働省から安全性を承認されたヒアルロン酸を注入できます。ヒアルロン酸は時間経過とともに体内へ吸収されるうえ、効果も2年ほど持続するのが魅力です。