変わるなら今!目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

変わるなら今!目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー
目の下のたるみ治療ランキング » 目の下のたるみ&くま治療で評判のクリニックリスト » 【豊島区】目の下のたるみ治療が受けられるクリニック

【豊島区】目の下のたるみ治療が受けられるクリニック

新宿駅に次いで1日平均乗降客数全国2位の池袋駅を有する豊島区には目の下のたるみ治療を行うクリニックが多数あり、経結膜下脱脂法・ハムラ法・ヒアルロン酸注射・切らない脱脂術など、様々な治療法の中から希望にあった施術を選ぶことができるでしょう。

目の下のたるみ治療を受けられる豊島区のクリニック

LULA美容クリニック

2019年に開院した美容クリニックです。2021年2月時点で治療実績5万例を誇る日本美容外科学会認定専門医による質の高い治療はもちろん、少数精鋭のスタッフによる人件費の削減や不要な広告費のカットなどでより低価格な治療を実現している点も、多くの患者さんから支持される理由といえるでしょう。

代表的な治療・手術

目の下のたるみ取り(スタンダード)

下まつげの直下を、まぶたのラインに沿って切開し、たるんだ皮膚を取り除きます。スタンダードは切開範囲を最小限に抑えた施術で、たるみが軽度の人に推奨される施術です。

大塚美容形成外科 大塚本院

大塚美容形成外科は全国に6院を構えており、なかでも大塚本院は麻酔科専門医が常駐するなど術後ケアへの体制も万全です。目の下のたるみ治療については、切開法・脱脂法・ハムラ法の3種類が用意されており、患者さんの状態や生活習慣などにあわせて最適な治療法を提案してくれます。

代表的な治療・手術

下まぶたたるみ取り(ハムラー法)

下まぶた側のまつ毛近くを切開し、くぼんでクマになったところに脂肪を移動させる方法です。クマが目立つ場合は結膜側を、下まぶたの小じわも気になる場合は皮膚側を切開します。たるみによってできた目袋とクマを同時に解消します。施術時間は1時間半から2時間程度で、入院は不要です。

エルテ大塚

大塚駅から徒歩30秒の好立地にある、幅広いエイジング治療を提供するクリニックです。目の下のたるみ治療は縫合や抜糸も不要な下眼瞼経結膜下脂肪摘出術の他、ヒアルロン酸注入などにも対応。形成外科学会認定医でもある川島院長がカウンセリングから施術、アフターケアまで一貫して担当してくれます。

代表的な治療・手術

下眼瞼経結膜下脂肪摘出術

まつ毛の根元近く、まぶたの裏側を切開して余分な皮膚や膨らんだ脂肪を切除して縫合します。結膜側から切開する場合は傷口の縫合はないので抜糸も必要なく、ダウンタイムが比較的短いのが特徴です。

池袋PSクリニック

池袋PSクリニックの目の下のたるみ治療は、10年先までたるみ解消効果を持続させるため、脂肪量の多い方にはレーザーによる除脂肪術、脂肪量が少なく皮膚量が多い方にはハムラ法、目の下の皮膚が余っていない場合は裏ハムラ法というように、複数の治療法を使い分けるのが特徴です。

代表的な治療・手術

ハムラ法

目の下の皮膚を縫合し、たるみをなくす施術です。脂肪が少なく、皮膚が余ってたるんでいる状態の方に適しています。結膜から治療する裏ハムラ法にも対応しており、こちらは見える位置に傷跡が残らないため好評です。

城本クリニック

創業30年以上、全国27院を展開している大手美容外科クリニック。カウンセラーやコンシェルジュなどの無資格者は在籍せず、スタッフは医師と看護師といった有資格者が責任をもって施術・カウンセリング・アフターケアまでを行なうなど、医療の専門家として治療を提供することにこだわっています。

代表的な治療・手術

下まぶた たるみ取り

下まぶたを切開して余分な皮膚を除去し、たるんだ皮膚を引きしめます。また、さらに目の下のふくらみを作っている眼窩脂肪を取り除くことで、よりすっきりとした見た目を実現することが可能です。

ポセンシアクリニック

「癒やしの美容外科」をコンセプトとし、最善の治療を適正価格で提供することを一番に考えています。また、患者さんの悩みや症状だけでなく、骨格や肌質、性格やライフスタイル、職業といった様々な項目から術後の仕上がりをデザインする「パーソナル・デザイン法」も大きな特徴といえます。

代表的な治療・手術

下眼瞼脱脂

下まぶたの裏側を小さく切開して、目の下の脂肪を取り除き、たるみやクマを解消する施術です。また、腫れや痛みをさらに抑えたポセンシアクリニック独自の「プレミアム下眼瞼脱脂」も実施されています。

池袋光明クリニック

院長である陳光明医師は中国で最難関の大学を卒業後、愛媛大学医学部で医学博士の資格を取得。日本語だけでなく中国語の診療にも対応できるのが強みです。東京メトロ池袋駅直結、土日祝日も夜8時まで診療するなど、多くの患者さんにとって利便性の高いクリニックといえるでしょう。

代表的な治療・手術

ヒアルロン酸 レスチレン注入

ヒアルロン酸を目の周囲のくぼんだ部分に注入することで、肌の凹凸を滑らかにして、たるんだ肌の見た目を自然な状態へ改善します。ヒアルロン酸の種類を変更することも可能です。

ルーチェ東京美容クリニック池袋院

美容外科・美容皮膚科におけるほとんどのメニューに対応し、目の下のたるみ治療においても多くの症例実績を持っています。土居院長は「切らない脱脂術」を得意としている他、ヒアルロン酸注入も選択可能。美容治療に詳しい専門カウンセラーが、適切な治療法を提案してくれます。

代表的な治療・手術

切らない脱脂術

下まぶたを裏返して小さく切開し、目の下のたるみの原因となっている眼窩脂肪を除去。溶ける糸で縫合します。比較的、たるみの症状が軽い患者に適している治療法です。

東京美容医療クリニック

患者さんがより身近に美容医療を受けられるよう、適正価格への取り組みに力を入れているのが特徴。目の下のたるみ治療については経結膜脱脂法、PRP、ヒアルロン酸注入など皮膚切開をしない治療の選択肢が複数あり、悩みや症状に合った最適な治療を選ぶことができます。

代表的な治療・手術

経結膜脱脂法

まぶたの裏側にある結膜からアプローチする方法です。皮膚を切開しないため傷が見えず、縫合や抜糸の必要もありません。脱脂の際は外側・中央・内側のバランスをとりながら丁寧におこなうため、ナチュラルな仕上がりが期待できます。

B-LINE CLINIC

池袋駅東口から徒歩5分の好立地にある2019年に開院したクリニックです。美容外科・美容皮膚科・美容再生医療などに対応し、クリニック名でもあるB-LINE(美ライン)の実現をサポート。治療はもちろん、カウンセリングからアフターケアまで小池院長自らが対応してくれます。

代表的な治療・手術

目の下のたるみ取り

目袋が大きかったり、注入系治療でたるみ改善の効果を得られなかった人におすすめの施術です。下まつ毛の下部からメスで小さく切開し、余分な脂肪や皮膚を取り除きます。縫合・抜糸を必要とし、腫れや内出血などの副作用もあります。

巣鴨さくらなみき皮膚科

巣鴨さくらなみき皮膚科が提供する美容皮膚科の診療メニューは、すべて女性医師である鈴木院長自身が試して納得できたもののみのため、安心して相談できます。目の下のたるみ治療については、メスで切開しない超音波照射治療「ハイソニックHIFU」を受けることができます。

代表的な治療・手術

HIFU

メスで切らない治療法でたるみ改善をおこなっている巣鴨さくらなみき皮膚科では、HIFUによるたるみ治療をおこなっています。高密度に集中させた超音波を肌深部にまで照射し、コラーゲンの造成を促してたるみを改善させます。使用する機器は出力の設定幅が広く、たるみの状態に合わせて使い分けることが可能。

池袋皮フ科形成外科

皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科、さらには医療脱毛といった幅広い診療に対応するクリニックです。目の下のたるみ治療は下眼瞼除皺術、脱脂、下眼瞼形成(ハムラ法)の3種類の施術を中心に、カウンセリングや診断結果を元に患者さんの希望・症状に適した治療を提案してくれます。

代表的な治療・手術

目の下のタルミ取り(下眼瞼除皺術)

池袋皮フ科形成外科では目の下のたるみを除去する下眼瞼除皺術のほか、目の下の脱脂や下眼瞼形成(ハムラ法)をおこなっています。下眼瞼除皺術ではまつ毛の下部分を切開し、余分な皮膚を除去します。症状によっては同時に脂肪を取り除くこともあります。