変わるなら今!目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

変わるなら今!目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

30代の目の下のたるみの原因

  

目の下のたるみは老け顔の原因ですが、30代の若い人でも目の下のたるみで悩んでいる人は少なくありません。そこで、このページでは30代で目の下がたるんでしまう原因や、自宅でできるセルフケアの方法、より確実にたるみを改善できる美容クリニックでの治療などについて詳しく解説しています。30代で目の下のたるみに悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

目の下がたるむ原因

皮膚のたるみと生まれつきの体質

そもそも目の周辺は、顔の中でも特に皮膚が薄くてデリケートであり、たるみが生じやすく、目立ちやすい部分です。

30代で目の下のたるみが起こる理由として多いものの1つが、皮膚のたるみです。 目の下の皮膚がたるむ原因には、新陳代謝の機能低下や肌の水分量の減少などによって、肌のハリが失われてしまうことが挙げられます。また、肌細胞の入れ替わり(ターンオーバー)が弱まってメラニン色素が沈着し、影っぽくなることで、肌がたるんだように見えることも原因の1つです。 その他、生まれつき目の下が脂肪でふくらんでいる人もいるでしょう。

目の下のたるみへの対策方法

セルフケア

生活習慣の改善

睡眠不足や過度なダイエットなど、生活習慣の乱れによって細胞の新陳代謝が弱まり、肌の再生力が失われやすくなります。また、喫煙によって肌再生に重要なビタミンが破壊され、ターンオーバーが弱まることもあります。 そのため、まずは健康的な生活習慣を目指すことが大切です。

目の疲れケア

スマホやパソコンを日常的に使い続けると、目の疲労がたまったり目の周りの血行が悪くなったりして、肌の再生力が低下します。仕事でどうしても目を酷使しやすい人は、こまめに休憩を取ったり、光の影響を和らげるメガネを使ったりと、目の負担を軽減する工夫をしていきましょう。

マッサージ・表情筋(眼輪筋)トレーニング

顔の血行を良くするために、適度なマッサージも有効です。ただし、目の周りを強く押したりこすったりすると、逆に肌へダメージを与えます。マッサージは温めたタオルを使うなど、肌へ負担をかけない方法を選ぶことが重要です。

また手を使わずに目の周りの表情筋(眼輪筋)を鍛える表情筋トレーニングも有効な可能性があります。

ストレス対策

肉体的・精神的なストレスは、ホルモンバランスを乱して、肌再生機能や免疫機能を大きく低下させる原因です。心身ともに健全な生活を心がけるようにしてください。

日焼け対策

紫外線は肌へダメージを与える原因の1つであり、日常的に屋外で活動している人にとっては日焼け対策も重要です。

しかし、目の周りはデリケートな部分であり、強い日焼け止めを使うことで逆に肌へダメージが蓄積される恐れもあります。そのため、日焼け対策には日傘や帽子など、目に負担をかけない方法を考えることが欠かせません。

皮膚疾患や花粉症の治療

アトピー性皮膚炎や花粉症などによって、目の周りの肌が荒れたり、目の周りをこすったりすることが多い人は、目の下の色素沈着やたるみが生じやすくなります。 まずはしっかりと肌トラブルや持病を治療することが不可欠です。

美容外科クリニックでの治療

セルフケアはあくまでも予防や現状維持でしかなく、すでに垂れ下がってしまった肌のたるみや、体質的な脂肪のふくらみを完全に解消することはできません。 根本的に目の下のたるみを改善しようと思えば、美容クリニックでの治療が必要です。

目の下のたるみが皮膚だけにとどまっている場合、余分な皮膚を切除して引き上げることで、たるみを改善することができます。しかし、たるみが脂肪組織にまで及んでしまうと、さらに脂肪の除去といった高度な治療が必要になります。つまり、たるみへの対策は的確な処置を早めに行うほど、効果が高く費用は安くなるといえるでしょう。

美容外科クリニックでは無料カウンセリングを行っていることも少なくありません。そのため、セルフケアで効果を感じられない場合、気軽に専門医へ相談してみることをおすすめします。

30代の目の下のたるみは早めの対処で状況改善

目の下のたるみが生じると、30代でも老け顔の印象が強まります。しかし、むしろ30代だからこそ早めに対処することで、その後のたるみ進行を予防することも可能です。 30代で目の下のたるみが気になり始めた場合、なるべく早めに専門医へ相談するようにしていきましょう。

Twitter