目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

失敗はしない?

目の下のたるみ治療において、切らずに治療した場合、外科手術を行った場合、どちらの治療法でも少なからず、失敗・リスクはあります。ここでは、失敗やリスクをそれぞれの施術法に分けて紹介。治療を受ける前に各施術のリスクを知ることで、事前に避けることができることもあるのでぜひ参考にしてください。

「外科手術」を行った場合に考えられるリスクと症状

外科手術は肌にメスを入れて治療するため、腫れや内出血などが起こりうる治療法です。ダウンタイムは治療方法によって異なるので、事前に目安となる期間を確認すると良いでしょう。

「脱脂術」の失敗・リスクと症状

レーザーメスを使って下まぶたを切開する脱脂術は、目の下にシワやへこみができたり、左右の目が異なるの形になってしまうといった失敗が起こる場合があります

失敗した箇所を修正することも可能ですが、修正手術は高い技術が必要で難しい治療法なので、医師選びを慎重にすることが重要です。

「ハムラ法」の失敗・リスクと症状

下まぶたの切開をする治療のため、切った部分が腫れて下まぶたの外反(あっかんべー状態になる)が起こったり、上まぶたがくぼんでしまったり、目が閉じられないといった失敗の可能性があります。

その場合、新たに皮膚の移植をしたり、脂肪を移動したりなどといった外科手術が必要となってしまいます。リスクを避けるためには、技術レベルの高い経験豊富な医師のいるクリニックを選ぶことをオススメします。

「切開術」の失敗・リスクと症状

たるみの原因である脂肪や皮膚をを切開して取り除くのですが、切り取った皮膚の量によっては、たるみが残ったり、逆にまぶたがへこんでしまったという失敗例があります。

「若返りを期待したのにシワが増えて以前より老けてしまった」というケースや「痛みが続くと思ったら化膿してた…」なんてこともあるようです。失敗を避けるためには、信頼できる医師に治療してもらうことが重要です。

「切らずに目の下のたるみ治療」を行った場合に考えられるリスクと症状

切らずに行える目の下のたるみ治療は、外科手術より少ないリスクで治療できます。しかし、失敗やリスクが起きないわけではありませんので注意が必要です。ダウンタイムが必要な治療もあるので医師に確認すると良いでしょう。

「金の糸」の失敗・リスクと症状

金の糸を使った治療のリスクは、皮膚から糸が透けて見えたり、皮膚の表面に糸が出てくる場合があるというもの。顔の表情がうまくつくれなくなったというケースもあります。的確な位置に糸を入れなければいけないのですが、医師の技術や経験レベルが低かった場合にこういった失敗が起こってしまいます。

他に心配されることといえば金へのアレルギー反応

クリニックによっては純金ではない糸を使用することがあります。金属アレルギーがある方は別の治療法に変えるなど対処が必要です。金の糸での治療で一番こわい失敗が「異物性肉芽種(いぶつせいにくがしゅ)」。からだの中に異物が入ることで炎症し、放置し続けることでできてしまいます

その場合は金の糸を取り除くか腫瘍を取り除く必要があります。自分に合った治療法なのか、信頼できる医師に相談することをオススメします。

「レーザー治療」の失敗・リスクと症状

ダウンタイムが少なく安全性の高い治療法ですが、肌トラブルのリスクがあります。肌質によっては赤くなったり、かゆみが起こる場合があるようです。レーザーの熱で肌が乾燥し、吹き出物やニキビができやすい肌になってしまう可能性も。しかし、一時的なことが多く、数日で改善されることがほとんどなので心配することはないでしょう。

レーザー治療で一番心配されるのは肝斑の悪化によるもの。

メラニン色素が活性化することでシミが増えたり、濃くなったと感じるケースが多く見受けられます。レーザーやスキンケアに詳しいクリニックで施術を受けるなど、クリニック選びを慎重に行う必要があるでしょう。

「ボトックス注入」の失敗・リスクと症状

注射針を使って表情筋を麻痺させる治療のため、内出血や腫れを起こすといったリスクが生じます。人によっては痛みが起こることもあるようです。誤った箇所に注入すると表情がうまくつくれなくなってしまうといったケースも。簡単にできる治療のように思えますが、医師のセンスや技術力が重要となる治療法です。

ほとんどのクリニックがアラガン社の薬剤「ボトックス」を使用して行っていますが、安全性の確認できていない安価な薬剤を使うクリニックも中には存在するので注意が必要です。

「ヒアルロン酸注入」の失敗・リスクと症状

注射針を使ってヒアルロン酸を注入する治療なので、ボトックスと同じように、内出血や腫れてしまうリスクがあります。ヒアルロン酸がうまく吸収されずにしこりになって肌に凹凸ができたり、入れ過ぎて膨らみ過ぎることもあるようです。

人によっては内出血からアザになり、数年経過しても消えずに残ってしまう人も。手軽に受けられる治療ではありますが、失敗のリスクがない治療ではないということを覚えておきましょう。

失敗しないためにはどうすればいいのか?

まぶたの下のたるみ治療は、医師選びが重要です。目の下の皮膚はとても薄くデリケート。失敗して悲しい思いをしないためにも、クリニックの情報や施術実績、ドクターの経歴についてしっかり調べたうえで治療を受けてください。口コミを参考にするのも良いでしょう。

無料カウンセリングや無料メール相談をしているクリニックも多いので、実際にいくつかのクリニックにカウンセリングに行き、医師に直接相談してみるのもおすすめです。