目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー
目の下のたるみ治療ランキング » あなたのたるみ&くまが改善!治療法を徹底深堀 » 照射(高周波・超音波・赤外線など)による引き締め治療

照射(高周波・超音波・赤外線など)による引き締め治療

女性の目元

目の下のたるみは、老いを感じさせるため非常にマイナスなイメージが持たれるものです。今では、目の下のたるみ治療を積極的に行っている美容外科クリニックも少なくはありません。

ここでは、目の下のたるみの改善方法や治療法などについてまとめております。

照射系引き締め治療が向いている人

年齢を重ねていくと皮膚の中のコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、さらに日焼けなどによってメラニン色素が沈着したせいで目の下のたるみというのが起きてしまいます。

そこで、目の下のたるみ治療の一つに「高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療」というものがあります。この治療法は、目元に特定のレーザーを照射することでコラーゲンやヒアルロン酸などの生成を活発にさせ、肌が新しく生まれ変わるターンオーバーのサイクルを早める働きがあるのです。

切る治療法とは違って身体の負担も非常に少なく、即効性があるというメリットがあることから、今ではほとんどの美容外科クリニックで取り入れている治療法でもあるのです。そのため、切る手術まではしたくない、一日も早くたるみを解消したい、といった人には向いている治療法ではないでしょうか。

照射系引き締め治療の基礎知識

効果の持続性

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療をした際の持続性についてなのですが、効果が保つ期間は一般的に1年~1年半程度だと言われています。

また、効果を持続させるためには一度の治療だけでは難しく、継続的に何度か治療を行う必要があります。とはいえ、ボトックス注射やヒアルロン酸注入に比べると長持ちしますので、何度も通うのが面倒という人は高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療が向いていると思われます。

治療の流れ

担当医師によるカウンセリング

施術を始める前にまず、担当医師によるカウンセリングがあります。ここでは、治療法、治療の内容や治療後のシミュレーションなどを行います。ここで疑問点や不安な点を解消しておくといいでしょう。

治療開始

カウンセリングが終わると、次に担当医師による治療が始まります。目の下のたるみは顔の治療のため、ここでメイクを落として頂く必要があります。レーザーを照射しても問題ない状態なのかもここでチェックしていきます。

レーザー照射開始

レーザー照射をしても問題ないと診断されれば、レーザー照射がスタートします。目元に麻酔クリームを塗り、目元をゴーグルで保護をしたらレーザー照射開始です。治療時間も約10分程度で、治療が終わればその日に帰宅することになります。

術後の経過について

痛みについて

治療後は少し赤くなる程度で、痛みに関してはほとんどないと言っていいでしょう。ですので、治療後すぐにメイクをすることもできますし、シャワーや入浴の制限も一切ありません。

ダウンタイムについて

ダウンタイムについては、用いるレーザーの機器やタイプによって違ってきますので、個人差があると思っていいでしょう。この点はしっかりと治療を受けるクリニックで聞いておかなければなりません。

アフターケアについて

レーザー照射の後は肌が非常に敏感になっているため、刺激には常に気を付けなければなりません。紫外線対策や保湿ケアだけは確実に行うようにしましょう。

治療の金額相場

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療の料金相場は、一般的には20,000円~30,000円程度だと言われていますが、高いレーザーとなると50,000円近くまで上がる場合があります。

ちなみに、ここちらの金額は1回分ですのでご注意ください。4~5回程度の治療が必要となるので、合計すると80,000円~150,000円程度かかると考えておきましょう。

治療のメリット・デメリット

ここでは、高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療のメリットやデメリットについて説明していきたいと思います。

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療のメリット

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療のメリットは、やはり体への負担の少なさや、バレにくさ、感染リスクの少なさなどが挙げられます。

体への負担が少ない

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療の最大のメリットとして、体への負担がほとんどないということが挙げられます。メスを入れるような大体的な手術ではありませんので、ダウンタイムも非常に少なくて済みます。

また、メラニンの生成を抑制してシミを薄くする美白成分と比べると、直接メラニンを壊す高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療は効果が得やすい治療法となるのは間違いありません。

周囲の人にバレにくい

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療は、メスを入れて切るような治療法ではありませんので、周囲の人にはバレにくいというメリットもあります。そのため、治療後すぐにメイクをすることもできますし、家族や友達に会うことも可能です。特に、接客業など仕事中に人と会う機会が多いという人には向いている治療法となります。

切らないため感染症のリスクが少ない

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療は、メスを入れて切るような治療法ではないので傷跡というものを気にする必要が一切ありません。さらに、傷跡から何らかの菌が入るということもないので、感染症の心配をする必要も一切ないのです。とはいえ、レーザーでの治療となりますので、熱作用の影響で患部の赤みが出てしまうというリスクだけは頭に入れておかなければなりません。

他の症状の治療にも有効

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療は目の下のたるみだけでなく、クマを改善するための治療としても有効です。そのため、クマで悩まされている人の多くもこの高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療を受けています。

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療のデメリット

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療のデメリットとして、治療回数や治療の内容、かかる費用などについて挙げられます。

何度か通わなければ効果が得られない

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療は1回で完了することはなく、最低でも4、5回はクリニックに通わなければなりません。スケジュールの都合上1回しか通えないという人だと、高い料金を支払った割に効果が得られないという不満が生じるかもしれません。

年単位で効果が継続される治療法ではない

高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療の目的は、コラーゲンの生成を促したり、肌を引き締めたりすることです。そのため、何度か治療を終えても年単位で効果が持続されるわけでは決してないのです。1回の治療でたるみを解消したいのであれば、やはり切除する治療法が一番ではないかと思われます。

全てのたるみに適している治療法というわけではない

この高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療なのですが、全てのたるみに適している治療法ではないということだけは知っておかなければなりません。状況によっては、レーザーと同時に他の治療法を組み合わせなければならない場合もあります。治療を受けられる状況が限定されていますので、全ての人が受けられるわけでもないのです。

保険適用外なので料金が高くなる

上記では費用の相場を記していますが、見てもわかるように決して安い治療法ではありません。その理由に保険適用外ということが挙げられます。しかも、この高周波、超音波、赤外線を用いた照射系治療は何度か通う必要がありますので、費用面に関してはそれなりに覚悟をしておいた方がいいかもしれません。

照射系引き締め治療が受けられるクリニック3選

医者

実際に、照射系引き締め治療が受けられるおすすめのクリニックを3つご紹介します。

1、高須クリニック

東京メトロ千代田線の赤坂駅から徒歩2分ほどにあるクリニックで、テレビCMなどではおなじみの美容外科クリニックとなります。切らない超音波を照射する機器を用いることで、加齢とともにたるんできた目の下の皮膚を引き上げてくれます。たるみを取り、はっきりとした目元になることは間違いないでしょう。

高須クリニックの名医情報

高須英津子先生

略歴

高須先生は、2001年に藤田保健衛生大学医学部を卒業後、社会保険中京病院にて研修を受けられています。

2003年に藤田保健衛生大学皮膚科で一般皮膚科をはじめ、美容外来やレーザー外来で技術を磨き、現在は高須クリニックにて勤務されています。

所属学会・資格

上記に加えて美容医療やレーザー治療についての学会発表を多数行われています。サーマクールやポラリスなどの照射系治療全般施術などを行い、女性の感情に配慮したきめ細やかな施術を行ってくれるでしょう。

2、銀座長澤クリニック

東京メトロ日比谷線の銀座駅から徒歩5分ほどにあるクリニックで、有楽町駅、銀座一丁目駅、日比谷駅など多数の駅からアクセスが可能なクリニックとなります。これまでリフト効果を目的とした様々な機器が国内でも導入されてきましたが、SMAS筋膜への効果を得るまでには至りませんでした。銀座長澤クリニックが用いる超音波フェイスリフト機器では、確実にSMAS筋膜を持ち上げてたるみを改善してくれます。

銀座長澤クリニックの名医情報

長澤誠一郎先生(医院長)

略歴

長澤先生は、1984年に慶應義塾大学医学部を卒業した後、美容外科十仁病院や大手美容外科専門クリニックでの勤務など、美容の専門家としての道を歩まれています。

2010年7月に銀座長澤クリニックを開設されました。

所属学会・資格

大手での勤務経験を有している長澤先生ですが、美容外科手術を極めるため形成外科技術も習得されています。

3、ISEAクリニック

東京メトロ日比谷線の銀座駅から徒歩2分ほどにあるクリニックで、「切らずにトライ」するプランが好評のクリニックとなります。「切らずにトライ」プランとは、目の下のクマ・たるみの症状に対し4つの機器を駆使し、メスを一切使わずに高い効果が期待できる治療プログラムです。このプランを用いれば間違いなくたるみも改善されることでしょう。

ISEAクリニックの名医情報

吉種克之先生(総院長)

略歴

吉種先生は、1986年に東京医科大学を卒業後、同年昭和大学形成外科に入局されています。その後、外科・整形外科・麻酔科などを研修し大学関連病院にて勤務。

1995年には神奈川クリニックで勤務し、理事、指導医、診察部長を歴任されました。

2010年に東京イセアクリニックの診療部長に就任され、現在では総院長または銀座院院長に就任されています。

所属学会・資格

吉種先生は、神奈川クリニックで医師の指導や育成にも携わってきた先生で、これまで育成してきた美容外科医の数は100人以上にも上るとのことです。技術のレベルの高さだけでなく、人柄も評価されている先生であるそうです。

※各クリニックの詳細な情報は公式ホームページをご覧ください