変わるなら今!目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

変わるなら今!目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

40代の目の下のたるみの原因

  

40代では肌細胞を支えるコラーゲンやエラスチンの生成機能が弱まって、肌のハリが失われやすくなり、目の下のたるみも生じやすくなります。また、目の下の脂肪(眼窩脂肪)を支える力が低下することもたるみの原因です。ここでは、40代の目の下のたるみの原因や対処法について解説します。

目の下がたるむ原因

肌の再生機能の低下

40代になると、コラーゲンやエラスチンといった保湿成分の生成機能が低下して、肌のハリが失われやすくなります。すると、表皮のたるみが生じやすくなり、結果的に目の下のたるみも目立つようになるでしょう。

また、20代や30代の生活習慣や紫外線ダメージが、はっきりと現れてくるようにもなります。そのため、40代になってから慌ててスキンケアを始めても、すでに手遅れというケースは少なくありません。

眼窩脂肪の突出

肌細胞や目の周りの筋肉細胞の機能が低下すると、目の下の脂肪(眼窩脂肪)を支える力も弱まり、結果的に目の奥から眼窩脂肪が突出して目の下でふくらみを作ります。また、特に眼窩脂肪が生まれつき多い人では脂肪の突出も起こりやすくなり、目の下もたるんでいるように見えてしまうでしょう。

一度でも眼窩脂肪が突出した場合、自然に脂肪が元の位置へ戻ることはありません。そのため、眼窩脂肪による目の下たるみが生じた場合は、少しでも早く美容クリニックで治療することが必要です。

目の下のたるみへの対策方法

セルフケア

生活習慣の改善

そもそも加齢の影響で弱まっている新陳代謝や肌再生機能ですが、睡眠不足や過度なダイエットや飲酒、喫煙といった生活習慣によって、さらに弱まってしまうことがあります。

また、若い頃の生活習慣の乱れや紫外線によるダメージが、目の下のたるみという形となって現れるようにもなるでしょう。 40代になると、生活習慣の改善だけで目の下のたるみを改善することは困難です。しかし、これ以上の悪化を予防するためにも、生活習慣を見直すことが欠かせません。

スキンケアコスメ

保湿成分や美容成分が配合されたスキンケアコスメや、美顔器を使うことも、自宅でできるセルフケアの1つです。ただし、40代の目の下のたるみは肌内部の機能低下が原因であり、顔の表面を保湿・保護するスキンケアはあくまでも現状維持や悪化防止対策として考えるようにしてください。

なお、コンシーラーなどを使って目の下のたるみの影を隠すといった、メイクによる対策も効果的です。

眼輪筋トレーニング・タオルマッサージ

加齢による影響で肌細胞の機能は低下していきますが、表情筋や眼輪筋を意識的にトレーニングすることで機能を維持していくことは可能とされています。しかし、顔や皮膚へ過剰な負荷をかけ続けることで、逆にシワや疲労物質の蓄積を悪化させてしまう恐れもあります。

眼輪筋トレーニングをする際は、必ず全身や体内のケアも同時に行うようにしましょう。 また、温めたタオルを顔に載せて目の周りの血行を良くすることも有効です。ただし、温めすぎは皮膚へダメージを与えるため、気をつけなければなりません。

美容外科クリニックでの治療

基本的にセルフケアは現状への対処に過ぎず、根本的に肌のたるみや眼窩脂肪の突出を解決することはできません。

美容クリニックでは、レーザーを使って肌内部のコラーゲンやエラスチン生成を促進させたり、外科手術によって垂れ下がった筋肉や眼窩脂肪を引き上げたりと、目の下のたるみの原因へ直接的にアプローチすることが可能です。

特に、40代の目の下のたるみは時間経過とともに悪化していくため、まずは原因や治療法についてクリニックでしっかり確かめ、自分にとってベストな対策プランを考えていくことが不可欠です。

根本的な目の下のたるみ解決はクリニックで相談

長年の肌へのダメージによる影響や、加齢による体内の機能低下を、セルフケアだけで完全に解消することはできません。

40代になると肌内部の細胞機能の低下や眼窩脂肪が原因で目の下のたるみが生まれるようになり、これらを改善するには美容クリニックでの治療が必要です。 クリニックでの治療には様々な方法があり、原因や体質に合わせてベストな選択ができるよう、専門医へしっかりと相談していきましょう。

Twitter