目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

顔のエクササイズ

年とともに気になってくる目の下のたるみ。しかし、注射や手術はかなりの金額が必要なので、「自分で何とかしたい」と考えている方もいるでしょう。ここでは、自分でできるたるみケアとして顔のエクササイズを紹介しています。

目の下のたるみの原因

女性の悩みの一つである目の下のたるみ。目の下がたるんでいることによって印象というものも大きく変わってしまいます。人相が悪くなって第一印象も悪くしてしまう恐れもあるので改善しておきたい悩みでもあります。まず、目の下のたるみを解消する前に、なぜ目の下にたるみができてしまうのかという原因から説明していきたいと思います。

たるみができる原因となるのが、疲労や肥満、アレルギーなどが関係してくるといわれています。

目が疲れて疲労がたまってしまうと、目の下の筋肉自体が耐えることが段々とできなくなり、その筋肉が緩んでしまうというのが大きな原因でもあります。さらに、アレルギーが原因で目が腫れる人も中にはいます。その腫れも頻繁に起こるとたるみの原因となってしまうのです。

目の下のたるみにはいろいろな原因があり、その原因次第で対策する方法も違ってきます。

最近では目の疲れからたるみができてしまう人が多いですので、まずは疲労をためないということが必要になってくるのではないでしょうか。仕事でパソコンを使用する人も決して少なくはありません。長時間パソコンを使用する際は、適度に目を休ませることも大事になってきます。長時間ゲームをしたりスマホを見たりというのもできるだけ控えるようにした方がいいかと思われます。

すぐにできる改善方法は?

目の下のたるみというのは、いくら気を使っていてもどうしてもできてしまいます。そこで大切なのが、どのようにすると改善ができるのか!ということです。

まず、一番にしなければならないのが「生活習慣の改善」であります。

目の下のたるみというのは年齢を重ねればできてしまうものであり、疲れによってもできてしまいます。これらを根本的になくすためには生活習慣を良くしていくという方法しかないよう気もします。不摂生による老化の進行、長時間のゲームやスマホからの目の疲れ、といったところを改善するところから始めなければなりません。

身体に良い食事を摂ることで老化を防ぎ、睡眠不足をなくすといったところは基本としてやらなければならないでしょう。

さらに、目のストレッチをしてあげるのも改善の一つの方法になってきます。加齢からくる脂肪や筋肉の衰えはどうしても防ぎようがありません。ストレッチをすることで脂肪燃焼ができ、さらに筋肉を良い状態に保つことができるのです。誰でも簡単にすぐできることですので、こういった改善方法で目の下のたるみを解消していきましょう。

化粧品でカバーができる

目の下のたるみを改善する方法はいくつか紹介しましたが、その方法には即効性がないというのも一つの特徴としてあります。では、即効性のある目の下のたるみを解消する方法はあるのでしょうか。

真っ先に挙げらてくるのが、化粧品を使った解消法となります。実は、良い化粧品を選ぶことによって目の下のたるみをカバーすることが可能でもあるのです。化粧品の中にはこのたるみをカバーすることができる商品があり、その商品を使うことによってその部分のハリを戻させる効果があるとされています。一時的ではありますが、ハリが出てくることでたるみを解消することができるということです。とはいえ、一時的なものであるということだけは理解しておかなければなりません。

目の下のたるみというのは根本的に解消しなければならないので、しっかりと対策をしていきながら化粧品でカバーするという方法がここでは好ましいかと思われます。

マッサージも非常に効果的である

目の下のたるみを取り除く方法はたくさん存在してきますが、「マッサージ」をするという方法もかなりの効果が得られるかと思います。では、目の下のたるみを取るマッサージにはどういった方法があるのでしょうか。目の下のたるみを取るマッサージは色々とありますが、その代表的なものをいくつか紹介していきたいと思います。

目の下のツボを刺激する

目の下のたるみは「リンパ」を良くしてあげることで解消されるのですが、実は目の下にリンパを良くしてくれる「ツボ」というものが存在してくるのです。そのツボを刺激するようにマッサージするのが一番効果的であります。内側から外側へ5回ほど場所を移動しながら押すようにします。それを2往復程度することでリンパが良くなり、目の下のむくみも解消してくれるようになるのです。

ツボを刺激する際の注意点なのですが、ツボの位置というのは人によって異なってきます。目安となる部位を中心に、押したときにズンと響くような痛みや気持ちよさを感じる場所がツボだとされています。また、目の周りの皮膚は非常に薄く、とてもデリケートな部分ですので、思いきりやるのではなく優しくしてあげることも心掛けなければなりません。ツボ押しは身体の状態によっては刺激が強すぎる場合もあります。体調が良くないとき、お酒を飲んでいるとき、妊娠中などはできるだけ避けた方がいいでしょう。

目元のマッサージ

もう一つ、目元をマッサージしてあげるという方法もあります。ただ、先ほども述べましたが目の周りの皮膚は非常にデリケートでありますので、肌に摩擦を与えるようなマッサージはたるみだけでなく、シミやシワを生む原因にもなってしまいます。専用のクリームなどを用いて、滑りを良くしてから優しくマッサージをしなければなりません。

日頃からのスキンケアは非常に大事

何度も言いますが、目の周りの皮膚は非常にデリケートであります。日頃からきちんとスキンケアをしている女性も非常に多いかと思われます。そのスキンケアの際に大事なのが、「塗る」というより「乗せる」という感じで優しくスキンケアをしなければなりません。化粧水を優しくなじませた後は、水分を保持する役割を持つセラミド入りの美容液やクリーム、目の周りの専用パックなどでたっぷりとうるおいを与えなければならないのです。

ホットアイマスクなどを使用して、ゆっくりと温めるのも効果的であります。まぶたの血液を良くしてあげればむくみなどの解消になります。目が疲れたと感じたときは、こまめに目を閉じたり、目薬を点したりしてあげましょう。目の下には冷やした牛乳やお茶をコットンに浸して、目の下に当ててあげるのも効果的だといわれています。

目の下のたるみに効く顔のエクササイズ

まばたきエクササイズ

天井を見るように顔を上げ、目線だけ足元に向けてまばたきを10回行います。まぶたに力を入れながらゆっくり行ってください。

次に、顔を足元に向け、目線を天井に移します。最初と同じようにまばたきをゆっくり10回行いましょう。

目尻上げ下げエクササイズ

中指で目尻を軽く押さえ、斜め上に向けてこめかみ側へ軽く引っ張ります。力いっぱい目を閉じ、その状態を5秒間保ちましょう。

次に中指で目尻を押さえたまま、今度は斜め下に向けて軽く引っ張ります。同じように、目を閉じた状態を5秒間キープしてください。3セット行うことでエクササイズの効果が得られます。

ウィンクエクササイズ

頬骨の上を人差し指で軽く押さえながらウィンクします。

ウィンクは筋肉が衰えている方ほどやりにくいもの。左右で数回行いましょう。ウィンクしづらい方はたるみやすい可能性があるため、ウィンクを少し多めに行うのがおすすめです。

眉毛上げエクササイズ

まず姿勢を正して正面を向き、ギリギリまで目を細めます。その状態のまま眉毛を上げ、10秒ほどキープしましょう。このとき、呼吸は自然なままにしてください。最後にゆっくり元の状態に戻します。

ピースエクササイズ

姿勢を正してまぶた側の目頭に中指、目尻に人差し指を当てます。指がピースの形になるようにしましょう。そのまま黒目をできるだけ上にあげ、白目をむく形にします。この状態で目を細めて10秒キープしましょう。

ムンクのまばたきエクササイズ

まず、口を「お」の形にして、ほうれい線を消すように鼻を下に向かって思い切り伸ばします。次に、そのまま目線を上に上げ、鼻の下と目で顔を上下に引っ張るイメージで顔を動かしていきます。その際、目の下がしっかり伸びるのを感じられなければいけません。そのまま下まぶただけをゆっくりとしたペースで5回持ち上げます。コツは、1回に10秒ほどかけてゆっくりと行います。花の下と目で顔を上下に引っ張るイメージの際、上を見たときに額にシワが入らないように注意しなければなりません。これをすることにより、目の下のたるみを撃退して小顔になる効果があります。

おでこロックエクササイズ

額や眉毛に力が入らないようにおでこを手で抑えて、目だけをバッチリ大きく見開きます。黒目だけで右上を見て、そのまま5秒かけてゆっくりと黒目を上から左に動かします。今度は上を通って右へ先ほどと同じように5秒かけてゆっくりと黒目だけを動かし、これを2、3回ほど往復して行います。コツは、正面を向いたまま、目の筋肉以外は動かさないようにすることです。そうすることにより、おでこのシワを解消して、スッキリとしてデカ目になる効果があります。

エクササイズだけで劇的な改善は難しいため、他の治療法と併用しましょう

顔の筋肉を鍛えるためのエクササイズを紹介しましたが、どうでしたか?

自分でできる目の下のたるみケアとして、エクササイズは手軽な方法です。ただし、長期間続けなければ効果も一時的なものに。若いうちから続けている場合はたるみが無くなるかもしれませんが、40代以降から始めても劇的にたるみを解消することは難しいでしょう。

すぐに目の下のたるみを改善したいなら、他の治療法と併用するのがおすすめ。手術という印象があるかもしれませんが、今は美容外科で切らないたるみ治療の種類も多くありますので、チェックしてみてください。