目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

効果はどれくらい続く?

目の下のたるみ治療の効果の持続期間について調査しました。効果の持続期間は、治療費にも影響します。金額が安い治療でも、再治療を受け続けると高額になるケースがあるので、必ずおおまかな持続期間を把握しておきましょう。また、目の下のたるみ治療を受けた方の口コミも紹介しているので、実際にどれくらい効果が続くのか気になる人はご参考ください。

目の下のたるみ治療の効果の持続期間

治療効果の持続期間は、どの目の下のたるみ治療を受けるかによって異なります。目安となる持続期間は、「半永久」「10年以上」「数か月~1年」の3通りです。代表的な目の下のたるみ治療の持続期間を、3通りに分類してみました。

半永久に持つ施術法

10年ほど持つ施術法

数か月~1年だけ持つ施術法

効果が半永久持続するのは、メスを使う目の下のたるみ治療です。長期ダウンタイムや傷跡が残るリスクはありますが、1度手術を受ければ目の下のたるみは解消されます。10年以上効果が持続すると言われているのは、メスを使用せずに体内にアプローチするレーザー治療や金の糸治療です。ただし、目の下の脂肪がたるみの原因だった場合には、治療の効果がないようです。

ヒアルロン酸やボトックス、ドクターズコスメは一時的な効果を得られるものの、有効成分が身体に吸収されてしまいます。そのため、6か月以内の再治療が必要です。オリジナル治療やアイリフトはクリニックによって持続期間に大きな差があるため、3つの期間に分類できませんでした。

目の下のたるみ治療の効果の持続期間に関する口コミ

受けた施術:脱脂術

20代の頃に目の下の脂肪を取ってもらいました。これまでずっと気にしていたくまが目の下の脂肪と一緒に消えた感動は、今でもはっきり覚えています。手術を受けてから10年間、くまと無縁の日々を送れました。ただ、最近は目の下の脂肪ではなく「くぼみ」が原因でくまが復活しているので、別のたるみ治療も受けてみようと考えています。(37歳・女性)

受けた施術:ヒアルロン酸注入

4~6か月に1回のスパンで、これまでに5回ヒアルロン酸を打ってもらっています。そのうち数回ですが「先生、打ち方間違えたんじゃ…?」と思うことがありました。いつもは2~3日で腫れが引いてくまが消えるんですが、打ち方が悪いと感じたときは腫れが引いた後に小じわができたんです。周りの人に相談したら、「前回打ったヒアルロン酸がまだ体に吸収されていなかったところに、新しいヒアルロン酸を入れちゃったのかもしれないね」と言われました。(40代・女性)

受けた施術:金の糸

私が金の糸治療を受けたのは6年ほど前です。目の下のたるみに関しては見て分かるような効果を得られませんでしたが、毛穴が引き締まりキメ細かい肌になったので、治療を受けて良かったと思っています。ただ、6年も経つと目の下以外のたるみも気になってきたので、別のたるみ取り治療を検討しています。(50代・女性)

目の下のたるみ治療の効果を持続させるために

目の下のたるみ治療の効果の持続期間について紹介しましたが、どの治療の持続期間もたるみの状態や体質によって個人差が生まれます

また、半永久の治療でも、たるみの原因に合っていない治療を受けたなら効果は感じられないでしょう。若々しい目元を手に入れるためには、目の下のたるみや肌の状態に合った治療方法を知ることが大切です。各治療の特徴と持続期間を詳しくまとめている解説ページがあるので、自分に合った治療が知りたい方はチェックしてみてください。