目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー
目の下のたるみ治療ランキング » 目の下のたるみセルフケア全ガイド » 【目の下のたるみや小じわを改善するだけで見た目年齢が若くなる!】

【目の下のたるみや小じわを改善するだけで見た目年齢が若くなる!】

歳を重ねると目の下にはたるみができ、小じわまで増えてしまうものです。これらが増え続けると老けて見られるのですが、化粧で何とか隠そうとしてもそれなりに限界はあります。目の下のたるみや小じわを改善し、見た目年齢を若くするには一体どのようなことをすればいいのでしょうか?

目の周りの筋肉を鍛える

皮膚と筋肉のハリが失う原因として筋肉の衰えというのがあります。

そのため、この筋肉を鍛えることで目の下のたるみは間違いなく改善されてくるのです。筋肉というのは年齢に関係なく鍛えることができますので、目元のたるみもしっかりと鍛えて改善をしましょう。

ツボ押しで目の下のたるみを改善する

スマホやパソコンの見過ぎは目に大きな疲労感を与えます。どうしても仕事でパソコンの画面に集中しなければならない人もいるでしょう。

そんな人には「ツボ押し」で疲労を取るという改善方法があります。

ツボの場所を覚えるのに少し苦労するかもしれませんが、一度覚えてしまえば後は自分でツボを押すだけです。主なツボの場所として、「目の下の骨のすぐ上にある承泣(しょうきゅう)」、「承泣(しょうきゅう)から目尻側に少し骨を伝っていったところにある救後(きゅうご)」、「眉毛と目尻の中間付近にある太陽(たいよう)」などがあります。

これらのツボを気持ちよくなる程度押すだけで疲労を取ることができるはずです。これ以外にもツボはたくさん存在しますので、自分に合うツボを探してみてはいかがでしょうか。

スキンケアを見直してみる

目の下のハリを取り戻す方法の一つとして、今現在使用しているスキンケアを思い切って見直してみるということもあります。

目の周りの皮膚は非常に薄く、疲れも出やすいところですので、たるみや小じわもどうしても出来がちになります。そこで、スキンケアに取り入れたい成分として「セラミド」と「ビタミンC誘導体」というものがあり、これらは肌のうるおいやハリに欠かせない成分として話題にもなっています。

「セラミド」は角質層の周りにある細胞間脂質の主成分で、肌の水分を保つ働きをします。そして、「ビタミンC」は美白成分として有名ですが、実はコラーゲン生成にも作用しています。今使用している基礎化粧品にこれらの成分が含まれているか、今一度確認してみてはいかがでしょうか。