変わるなら今!目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

変わるなら今!目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

50代の目の下のたるみの原因

  

50代になると、加齢による肌細胞の機能低下や筋肉の老化、眼窩脂肪の影響で目の下のたるみがさらに生じやすくなります。このページでは、50代で目の下のたるみが生じる原因や、セルフケアの方法、美容クリニックで受けられる目の下のたるみ治療などについて解説します。

目の下がたるむ原因

表皮の垂れ下がり

50代に入れば肌のターンオーバーが弱まり、回復力を失った表皮ではたるみや色素沈着も進みます。また、紫外線や皮膚疾患、誤ったスキンケア習慣などによって表皮へのダメージが蓄積されれば、その分だけ肌の状態も悪化していくでしょう。

肌内部の機能低下

加齢によって肌内部でのコラーゲンやエラスチンといった物質の生成機能が弱まったり、特に女性では更年期が始まって女性ホルモンの分泌が減少したりすると、肌組織や筋肉を支えることが困難になって目の下がたるむ原因になります。なお、生活習慣の乱れも肌機能を低下させる大きな原因です。

眼窩脂肪の突出

目の周りにある表情筋(眼輪筋)が老化によって弱まってしまうと、目の下にある脂肪(眼窩脂肪)を支えられなくなり、突出した眼窩脂肪が目の下でふくらみを生じさせます。

突出した眼窩脂肪は自然に元の位置へ戻ることがない上、重力による影響を受け続けるため、放置していると目の下のたるみは進行していく一方です。

また、眼窩脂肪は人によって付き方や量に違いがあり、若い頃から目の下がふくらんでいる人や、目の下のふくらみが目立ちやすい骨格をしている人では、さらにたるみが目立つことも考えられます。

目の下のたるみへの対策方法

セルフケア

メイクによるたるみ隠し

コンシーラーなどを使って目の下のクマやシミを隠すことで、たるみを目立たなくさせることは1つの方法です。ただし、物理的に眼窩脂肪が突出して影を作っている場合、肌の色をケアしても効果は得られません。

スキンケアコスメ・日焼け止め

保湿液や美容液などで表皮をケアして、肌のうるおいをキープすることは重要です。しかし、市販のコスメだけで肌の深部まで有効成分を浸透させることは難しく、あくまでも肌へのダメージを軽減させることが目的になります。なお、化粧品が肌に残っていると逆に肌へ悪影響を及ぼすため、しっかりとクレンジングを行うことも大切です。

また、紫外線による肌へのダメージを軽減させるための日焼け対策も欠かせません。

とはいえ、目の周囲はデリケートな組織であり、肌に合わない日焼け止めを使えば余計に肌を傷める可能性があり、肌に優しい日焼け止めを使ったり、帽子や日傘を使ったりといった工夫も必要です。

フェイスマッサージ・表情筋トレーニング

温めたタオルを目元に載せて血行を促進したり、表情筋トレーニングを行って眼輪筋の機能を維持させたりすることもセルフケアの1つです。 しかし、マッサージやトレーニングだけで加齢による影響を完全に止めることは難しく、また過度なマッサージやトレーニングで皮膚へ負担をかけると、たるみ悪化の原因となるので注意しなければなりません。

美容外科クリニックでの治療

50代の目の下のたるみを本当に解決しようと思えば、まずきちんと原因やたるみの状況を見極めることが不可欠です。

たるみが表皮だけでとどまっているのか、眼窩脂肪までたるんでしまっているのか、また生まれつきの眼窩脂肪の量や骨格といった体質も重要なポイントです。

クリニックでは、ヒアルロン酸を使って肌の凹凸を平らにする施術や、医療用レーザーで肌内部の機能を活性化させる施術、また物理的にたるみを解消する外科手術といった様々な治療法が提供されています。その上、外科手術でも表皮だけにアプローチするのか、眼窩脂肪の除去・移動を行うのかなど、たるみの程度や原因によって適切なものが提供されています。

50代の目の下のたるみ治療はクリニック選びが肝心

50代の目の下のたるみは、セルフケアだけで解消することが難しく、根本的な改善にはクリニックでの治療が必要です。しかし、目の下のたるみ治療には様々な種類があり、自分の状態に適した施術を選ばなければ、正しい効果は得られません。

そのため、充分な治療環境を備えたクリニックを選び、信頼できる医師による診察や治療を受けることが重要です。

Twitter