目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

切る治療の痛みやダウンタイムは?

目の下のたるみ治療のダウンタイムと痛みについて調査しました。治療方法によってダウンタイムの内容と期間、痛みはそれぞれ異なります。治療を受ける前に、把握しておきましょう。実際に目の下のたるみ治療を受けた方の口コミも紹介しています。

目の下のたるみ治療のダウンタイムの目安

目の下のたるみの施術方法は、大きく分けると「切る手術」「切らない治療」「クリニックのオリジナル治療」3通り。代表的な施術3つを例に、腫れ・内出血の期間と痛みについての情報をまとめました。

脱脂術(切る手術)

ダウンタイム:腫れ/2~7日 内出血/7~14日

痛み:施術中/引っ張られる、または押されるような痛み 術後/鈍痛やピリッと亀裂がはしるような痛みがある

ダウンタイム・痛みについての口コミ:ゴールデンウィークの休みを利用して、レーザーによる脱脂術を受けました。経験からいうと、ダウンタイムの症状の度合いは体質によって変わります。私の場合、内出血は10日ほど続きましたが、腫れは冷やしたらすぐに治まりました!(40歳・女性)

ヒアルロン酸注入(切らない治療)

ダウンタイム:腫れ/2~3日 内出血/7~10日

痛み:施術中/特になし 術後/違和感を覚える程度

ダウンタイム・痛みについての口コミ:もともと麻酔が効きづらい体質だったのか、もしくは緊張のせいか分かりませんが、ガス麻酔がなかなか効かなかったので注射で麻酔を足しました。ヒアルロン酸注入自体は痛くなかったです。ただ、麻酔の量が増えると腫れが長引くみたいで、ダウンタイムは10日以上続きました。(30代・女性)

施術によって痛みやダウンタイムは大きく異なる

メスを使用しないヒアルロン注入は、痛みはほとんどありません。しかし、目の周りの皮膚はとても薄くデリケートなので、数日の内出血は避けられないようです。比較してみると、やはりメスを使用する脱脂術が最もダウンタイムや痛みがあることが分かりました。しかし、昔に比べると医療技術が進化していることもあり、ダウンタイムが何か月も続くというケースはまれなようです。

痛みやダウンタイムを最小限に抑えるために

目の下のたるみ治療のダウンタイムと痛みについて紹介しましたが、これらはあくまで目安です。たるみの症状や体質、施術を手掛ける医師の腕によっても痛みやダウンタイムは変化します。各治療のダウンタイムについてもっと詳しく知りたい方は、目の下のたるみ・くまの治療解説ページを参考にしてみてくださいね。