目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー

下眼瞼形成術

このページでは下眼瞼形成術について、向いている人や持続性、治療の流れなどをまとめています。施術を受けた方の口コミも紹介しているのでチェックしてみてください。

下眼瞼形成術が向いているのは
切開してでも若々しい目元が欲しい人

目の下のたるみをとるための施術の1つとして、下眼瞼形成術(かがんけんけいせいじゅつ)があります。下まぶたの余分な脂肪や伸びた筋肉・皮膚を取り除く施術で、長期的な効果を得られるのが特徴。加齢に伴って起こる下まぶたのシワやたるみを改善できるため、40代以上の方も若々しい目元を手に入れられます。クマも同時に解消することができ、目元のハリやたるみ改善と合わせて行いたい方に最適です。

下眼瞼形成術の基礎知識

目の下のたるみ解消効果の持続性は?

切開して筋肉や皮膚を短くしたり脂肪をとったりするため、効果は半永久的に持続します。注入法やレーザーと比べて非常に長い期間持続するので、再施術を受ける必要もありません。ただし、脂肪の取りすぎで仕上がりが不自然になってしまう場合もあるため、注意が必要です。

下眼瞼形成術の流れ

  1. カウンセリング
    カウンセリングでは患者の要望を聞き、治療方針を決めていきます。たるみの状態をチェックしたうえで、適切な施術を提案。
  2. 麻酔
    まぶたの裏に局所麻酔を打ちます。痛みに弱い方は希望すれば表面麻酔に切り替えてもらうことが可能です。
  3. 施術
    3種類の方法があり、それぞれ目的にあった施術を行います。

術後の経過について

下眼瞼形成術の金額相場

下眼瞼計施術の料金相場は25万円から35万円ほど。クリニック独自の施術だと30万円前後の価格がほとんどですが、高いものでは100万円近い施術もあります。筋肉や皮膚を切除する必要があるため、麻酔やアフターケアなどで料金が大きく変わる施術です。

下眼瞼形成術を受けた人の口コミ