目の下のたるみ治療
クリニックランキング 東京版

目の下のたるみ治療でアンチエイジング徹底ガイド

目の下のたるみ治療クリニックランキング 東京版
メニュー
目の下のたるみ治療ランキング » 目の下のたるみセルフケア全ガイド » 【目の下のたるみはこれで解消!日頃からできるたるみ解消法!】

【目の下のたるみはこれで解消!日頃からできるたるみ解消法!】

年齢を重ねる度に悩まされる目の下のたるみ。特に女性は老けて見られることもあり、何としてでも改善したいと考える方も多いでしょう。
そもそも目の下のたるみの原因は何でしょうか?その原因を知ることで目の下のたるみも解消されるはず。
ここでは、目の下にできるたるみの原因や気をつけておきたいこと、日頃からできる改善法などをご紹介していきます。

目の下のたるみの原因は?

目の下のたるみにはいくつの原因があると言われています。その原因とは一体なんなのでしょうか?

加齢による原因

人間の皮膚はコラーゲンやヒアルロン酸が含まれているのですが、若い肌にはこれらが多く含まれているためツヤツヤでハリのある肌が保てています。しかし、これらは年齢を重ねるごとに年々失われていくのです。これが目の下のたるみができる大きな原因となっています。

眼窩脂肪が押し出されることが原因

眼球を支えている靭帯は年齢を重ねるごとにゆるんでいきます。そのため、眼球が入っている眼窩の中で眼球の位置が段々と落ちてくるのです。眼球の下で支えていた眼窩脂肪が前へと押し出されて、この脂肪がまぶたのたるみとして袋を作ってしまっているということです。

目を駆使したことの疲れが原因

最近では、パソコンやスマホの普及でこれらを長時間見る機会も多くなったと思います。こういった行為は目を疲れさせ、この疲れが原因で筋肉が硬くなり血流も悪くなってしまいます。まぶたにも老廃物が蓄積し、下まぶたの代謝を損ね目の下のたるみが悪化していくのです。

紫外線が原因

日頃から外で浴びている紫外線のダメージもたるみの原因とされています。
主に、「紫外線A波」と「紫外線B波」が肌に悪影響を及ぼしていると言われており、特に「紫外線A波」は波長が非常に長く、肌の奥深くまで達します。
真皮まで達した「紫外線A波」は、線維芽細胞に大きなダメージを与えるのです。そして、「紫外線B波」も皮膚に対して大きなダメージを与えます。逆に「紫外線B波」は波長が短いため、主に表皮に大きく影響されるのです。

日常生活で気をつけたいこと

普段の日常生活から、たるみ予防として気をつけておきたいことがいくつかあります。

長時間のコンタクトレンズの使用

コンタクトレンズの使用がたるみの原因の可能性があると言われています。コンタクトレンズを外す際、目尻の下を引っ張って外すことになります。このような日常的な目の刺激が、目の下のたるみへとつながってくるのです。

必要以上のマッサージ

美容や疲れを取るために日頃から目のマッサージをしている人も少なくはないでしょう。必要以上のマッサージも目の下のたるみの原因になることがあります。
指で色々な方向へ皮膚を移動させる動作は、結果的に皮膚を伸ばして、目の下のたるみ生じさせてしまっているのです。
それと、マッサージの際に使用する化粧品にも原因があるかもしれません。合成界面活性剤が多く含まれているマッサージクリームは、結果的に皮膚のバリアを壊して乾燥を招き、目の下のハリを失わせてしまっているのです。

必要以上のアイメイク

日頃からのアイメイクも目の下のたるみの原因だとされています。
年齢を重ねると目元のシワや目力の衰えなどで、ついついマスカラやアイラインに頼りがちになります。最近の化粧品は落ちにくくなっており、どうしても化粧を落とすときには強力なクレンジング剤を使うこととなるでしょう。
アイメイクを落とすときに擦る動作は目の下に大きな負担を与え、結果的にたるみへとつながっていくのです。

日頃からできるたるみ解消法

ここまではたるみの原因や気をつけたいことについて説明してきました。ここからは、日頃から手軽にできるたるみ解消法について説明していきたいと思います。

目の周りの筋肉を鍛える

目の周りには眼輪筋という筋肉で囲まれています。
この眼輪筋を鍛えることで目の下のたるみも解消されるのですが、目の下部分の眼輪筋は日頃から動かすことはほとんどありません。この眼輪筋が弱ることで目の奥から飛び出る脂肪の圧力には抵抗できなくなるのですが、この飛び出た脂肪を元に戻すには日頃から眼輪筋を鍛えるのが一番なのです。
眼輪筋を鍛える方法としまして、まぶしい目をするように下まぶたをゆっくりと引き上げるだけでいいのです。この動作を一日に何十回と行うことでたるみも解消されるでしょう。

紫外線から目の周りを守る

紫外線から目の周りを守ることもたるみの予防につながります。
紫外線を浴びると、真皮のコラーゲンが壊されて皮膚の弾力が損なわれていきます。この紫外線から守るためには、日焼け止めを毎日きちんと塗るということしか方法はありません。それと同時に、外出する際には日傘や帽子などの使用も怠らないようにしたいところです。

目のマッサージを控える

上記では、必要以上のマッサージはたるみを引き起こす原因になると説明しました。指で皮膚を動かす動作はどうしても刺激を与えてしまい、皮膚も伸ばされていくのでどうしてもたるみが生じてしまいます。
そこで、思い切って目のマッサージを辞めるというのも目のたるみ予防につながるのではないかと思われます。とはいえ、目のマッサージは目の疲れを取るには有効的な行為ですので、目のたるみが気になりだした頃からでいいでしょう。

コンタクトレンズを外す際に皮膚を引っ張らないようにする

コンタクトレンズを外す際、皮膚を引っ張って外す人が多いですが、この皮膚をあまり引っ張らないように外すこともたるみの予防へとつながります。
とはいえ、皮膚を引っ張らずにコンタクトレンズを外すのは難しいかと思われます。そういった方は、コンタクトレンズ専用のスポイトを使うことで、目の周りを刺激せずに外すことができるでしょう。
それと、コンタクトレンズをつける際にも皮膚を引っ張らないように装着しなければなりません。上のまぶただけを指で引き上げて、できるだけ下まぶたには触れないようにすることで目の下のたるみ予防になります。
これらのことを日頃から気をつけることで、目の下のたるみ解消へとつながることでしょう。